« 2020年7月 | トップページ

2020年8月25日 (火)

古民家鑑定!

先週、古民家再生協会福島第一支部の活動として、

 

古民家鑑定を行ってまいりました!Photo_20200825075501

 

岩代町のお医者様のお宅でして、蔵もあり、

お宅と蔵、両方鑑定してほしい、

とのお施主様のご要望もあり、

2棟の鑑定という事で、ほぼ1日かかりました。Photo_20200825075502

 

大正時代の建物、と聞いてましたが、

調べてみると、明治2年完成の建物でした。

明治か・・・洋服に変わったばかりの時代かな?とロマンを感じながら鑑定。

 

立派な神棚や欄間等、

とても良い状態で残っていました。Photo_20200825075503 Photo_20200825075504

 

また、古民家鑑定に欠かせないのが、

床下の状態。

「モーグル」と言う1台200万円する

床下を走って画像をパソコンで見ることができる優れものを使って、

床下の状態を確認、撮影しました。

 

昔掘りごたつがあったのかな?と言う感じの囲いがあったり、

茶道に使ってたような「露」があったりと、

上から見ても分からなかったことが分かってきました。

 

お施主様は、この歴史のある建物を残し続けたいという思いで、

古民家再生協会にたどり着いたそうです。

 

古民家鑑定結果が、立派な冊子になって、お施主様に授与されます。

由緒ある血統証のようなものですね!(^^)!

 

是非とも、古民家を鑑定していただきたい方は、

古民家再生協会福島第一支部へお問い合わせください!

http://www.kominka-fukushima.org/

 

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

既存住宅流通

先日、NPOこおりやま空家バンクの勉強会に参加してまいりました。Photo_20200819201401

 

空家問題は、とても深刻な問題です。

 

空家と言うと、「壊して更地にする」と言う概念が入ってきますが、

 

国土交通省では、「空き家」と言うのではなく、「既存住宅」と言う言い方にし、

 

「既存住宅流通促進事業」に力を入れているそうです。

 

既存住宅を壊すのではなく、流通、活用しようと動いているそうです。

 

「住宅ストック維持・向上促進事業」(良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業)

という事で、

既存住宅をインスペクションし、住宅履歴を作成、維持管理計画の作成、瑕疵保険へ加入

するリフォームに対して、

上限100万円の補助金が下りるそうです。

 

これは素晴らしい考え! 

 

そこに手を挙げたのが、NPO法人こおりやま空家バンクのメンバーで、

空家バンク経由で行うことで、補助金がもらえます。

 

是非とも、ご希望の方は、

こおりやま空家バンクへご相談を・・・https://ky-akiyabank.jp/

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

2020年度民間住宅投資

とある記事に、

「2020年度民間住宅投資は前年度比10.2%減」

と出ていました。Photo_20200819200101

 

やはり、新型コロナウィルスの影響により、

個人消費、設備投資、輸出、生産などの各分野で厳しい状況が続いているからのようです。

 

2020年度の着工は、79.3万戸予測だそうです。

 

しかし、一応?2021年度に下げ止まりとなる予想で、

 

2021年度の着工予測は、82.5万戸を予測していました。

 

60万戸時代がくるのは、もう10年位前から言われているので、

覚悟はしております。

個人的に、そういった流れだけつかんでいて、

毎年毎年の年初の予測は、あまり参考にしていません。

 

今年の初めに、色々なお偉いさんたちが、「今年の着工数予測は?株価の予測は?」

と言っておりましたが、

こんな状況になるとは、誰も言っていませんでした。

 

東日本大震災の時もそうです。

 

日本の着工数は、やはり、「自然」に牛耳られているんだな~と思っている次第です(#^.^#)

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ