« ヘリテージマネージャー講習終了! | トップページ | 構造塾 »

2020年2月17日 (月)

快適リフォーム(断熱改修)

先日、ステキ信頼リフォーム推進協会の研修会で、

「健康で快適な暮らしをすべての人に」ということで、

東京大学の前真之教授のご講演を聞いてまいりました!Photo_20200217072901

 

2100年には、東京の夏の平均気温が44°cになってしまう!?

2100年って相当先に感じますが、

自分の子供や孫は、生きている時代なんですよね。。。

 

二酸化炭素排出を抑えるためにも、

「作用温度」を整えることがカギ!との前先生のご講演でした。

 

さて、この「作用温度」とは?

 

暖かさの実感に近い温度、いわゆる体感温度が「作用温度」だそうです。

 

高断熱+床暖房なら、空気温度を上げずに快適性確保。

 

また、屋根や天井をしっかりと断熱することで

夏の暑さを防げるとのことでした。

 

他にもいろいろと手法を聞き、

大変勉強になりました。

 (株)ツボイのリフォーム事業部の社員さんも一緒に勉強しましたので、

神奈川県湘南地域の断熱リフォームはお任せください!

 

また、福島県、宮城県等、東北地方の断熱リフォームでお悩みの方は、

断熱リフォームが得意な工務店様をご紹介します(#^.^#)

|

« ヘリテージマネージャー講習終了! | トップページ | 構造塾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヘリテージマネージャー講習終了! | トップページ | 構造塾 »