« 台風19号の影響 | トップページ | TOTOショールーム勉強会 »

2019年10月18日 (金)

転倒災害の防止策

先日、宮城県柴田郡にある、(株)サカモト様の安全協力会に参加して参りました。Photo_20191012142401

 

そこで、「転倒災害の防止策」と言う講話を聴きました。

 

転倒災害は、40代までは、男性の方が多く、Photo_20191012142402

 

しかし、50代からは、女性の方が、ぐっと増える事が分かりました。

 

また、この転倒災害。

 

足が上がらないとかの筋肉的な要因もひとつあるのですが

 

一番大きな要因は、「視力の低下」だそうです。

 

また、足元の冷えも関係することが、

 

実感データで分かっているらしく、

 

冷えの要因などあるため、50代からは女性が多いそうです。Photo_20191012142403

 

 

あと、人間の知覚間隔で、

 

段差が5cmと2cmだと、行動が違くなるそうです。

 

5cmだと、「上がる」と言う行動になるのですが、

 

2cmだと、「歩く」と言う行動になるそうです。

 

その境界線になるのが3cmだとか。

 

確かに・・・イメージ湧きますね!

 

転倒防止には、やはり、地面にはモノを極力置かない。

 

段差は、誰にでも見えるようにする。

 

延長コードなどあったら、地面を這わすのではなく、

上を通すようにする。。。etc

 

事前の対策が大切だと分かりました。

|

« 台風19号の影響 | トップページ | TOTOショールーム勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風19号の影響 | トップページ | TOTOショールーム勉強会 »