« これぞ!日本家屋!! | トップページ | きつつき会勉強会開催! »

2018年2月26日 (月)

パッシブデザイン<断熱編>

以前のブログで、
 
パッシブデザインについて書きましたが、
 
5つの重要項目のまず、1つめを詳しく解説(#^.^#)Photo
 
 
<断熱>についてです。
 
 
「機械設備に頼らない」が大前提のパッシブデザインなのに、
 
断熱については、暖房設備によって与えられた熱を逃がさないように・・・
 
 
と言う事で考えられているので、
少し不思議な感じがします。
 
 
しかし!!!
 
「冬に窓から入った太陽熱をいかに守るか」と言う意味で、
 
考えられていると言った方が自然かもしれませんね(^o^)/
 
パッシブ地域区分図と言うのがありました!
 
Ws000000
色の濃い「は」地域は、日射熱利用有利で、
 
一番色の薄い「い」地域は、日射熱利用不利 。
 
同じ日本でも、太陽高度が違ってきます。
しかし、いくら不利だとしても、
 
日射南面の窓を大きくとり、
 
太陽熱を取り入れる事がパッシブデザインには欠かせません。
 
 
真夏の日差し?これは、
 
南面に於いては、太陽高度が高くなるため、
 
それほど苦にならないと思います。
 
 
 
そして、本題の断熱。
 
 
この入ってきた熱を外に逃がさないのが断熱効果です。
 
 
一番、熱が逃げやすいのが「窓」なので、
 
 
窓の断熱性能が高いものを選ぶのが最善です。
 
 
次に、壁などに入る断熱材。
 
 
これも、性能、厚みに留意して選ぶのが良いと言えます。
 
 
 
冬の暖かい日差しを取り入れ、しっかり断熱して逃がさない!!
 
 
重要ですね~(#^.^#)
 
 
 

|

« これぞ!日本家屋!! | トップページ | きつつき会勉強会開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/66423698

この記事へのトラックバック一覧です: パッシブデザイン<断熱編>:

« これぞ!日本家屋!! | トップページ | きつつき会勉強会開催! »