« ご無沙汰しておりました | トップページ | 古民家再生の研修会 »

2016年10月21日 (金)

日本最古のパッシブハウス

昨日は、福島スーパーウォール会の定例会がありました。
 
そこで、日本で初めて作られたパッシブハウスは・・・
 
 
と主催のLIXILさんの講師の方が言ったので、
 
鎌倉にある物件かな?
 
と思ったのですが、
 
 
意外や意外、
 
 
京都の「聴竹居」という話でした。Dsc_06911
 
 
昭和3年に藤井厚二さんの設計で、
 
 
この時代の住宅は、
 
廊下があって、その両脇に居室・・・
 
というのが一般的だったそうですが、
 
このお宅は、自然の風の流れを取り入れる間取りになっています。Planimage
 
 
 
また、床下通気口や天井通気口までもが設けられており、Dsc_06901
 
実に、パッシブハウス!
 
 
近々、見学に行きたいな~と思った次第です(#^.^#)
 
 
湿気の多い日本を知っている昔の人の知恵は凄いものです!
 
 
 
 

|

« ご無沙汰しておりました | トップページ | 古民家再生の研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/64377773

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最古のパッシブハウス:

« ご無沙汰しておりました | トップページ | 古民家再生の研修会 »