« 建築士会全国大会 | トップページ | 住宅ストック循環支援事業 »

2016年10月26日 (水)

建築士会全国大会②

昨日の続きです。
 
大分から熊本へ移動し、
熊本に入ると、久々にブルーシートがかかっている屋根をちらほら見、
 
懐かしいな・・・と思ったりしました。
 
 
そして、熊本に行ったからには、昨今話題になっている熊本城へ。
現地のガイドさんが付いてくださったのですが、
 
熊本城の歴史より、震災の影響の話がだんぜん多く、
 
震災の影響の大きさにびっくりしました。
 
 
熊本城のあたりは、
震度6強だったらしく、
 
郡山で震度6弱だったはずなので、
それを考えると相当な揺れだったのではないかと本当に思いました。
 
 
石垣が崩れ落ちており、
塀なども倒れたままでした。3 4
 
また、前回の大地震(この400年の間に4回起きているらしいが、前回は100年以上前)の時にも、それほど被害がなかった建物は、今回の地震でも被害の程度が少なかったそうです。(写真の3つ建物のうちの一番左)Photo
その当時の大工さんの腕なのでしょうかね・・・
 
 
熊本市のアーケードなど生活圏は、すぐ脇にあるのですが、
ほとんどが修復されていて、あまり被害があったようには見えないくらいになっていました。
 
それを考えると、地震の被害の直す順番というものがやはりあるんだな・・・と
当たり前なりに思ってしまいました。
 
 
帰り道には、
 
島原の乱でも有名な、天草四郎の発祥の地、上天草市へ行きました。
 
天草四郎メモリアルホールを見学しようと思ったら、
工事のための閉館!?Photo_3
 
 
しかし、建築に携わる者のせいか、工事中の現場にも怖がらずに足を踏み入れさせていただいてしまいました(^-^;
 
 
意外にも、天草四郎と私の大好きなルネサンス文化が繋がっていたらしく、
工事をしていない部分を楽しんでみてきてしまいました。
 
外観もルネサンス文化の影響なのかもしれませんね(#^.^#)
 
 
 
建築三昧の日々でしたが、
なかなか、来る機会がないので、
本当に良い経験をさせて頂きました。
 
日本のどこかに、凄い建築が建っていて、
それは、誰かしらが形としたものです。
 
図面を見て、「出来ない」と言う言葉を発しず、
どうしたら出来るのか?を考えねばならないなぁ・・・と改めて思いました。
 
 
新しいことに果敢に取り組む!頑張ります(#^.^#)
 
 
 
 
 
 
 

|

« 建築士会全国大会 | トップページ | 住宅ストック循環支援事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/64400650

この記事へのトラックバック一覧です: 建築士会全国大会②:

« 建築士会全国大会 | トップページ | 住宅ストック循環支援事業 »