« 住宅着工数は何に影響するのか | トップページ | 建築士会全国大会 »

2014年10月23日 (木)

リフォーム動向の今後

昨日の記事にも書いたのですが、

先日、住友林業(株)さんの勉強会にて

(株)野村総合研究所さんのご講演の内容のもう1つに、

「リフォーム動向の今後」

もあったので、今日も書いておきます。Photo_2

 

 

国の補助金なども、

地球温暖化の影響もあり、

リフォーム事業に力を入れる最近ではありますが、

さてはて、実質、

リフォームはそんなに増えるのか?

と言うと、

現在の5.4兆円規模から、

2025年には、5.3兆円規模と、

横ばい状態が続くだろうと言う予測があるそうです。

 

最近のエアコン等の家電の低価格・長寿命化に伴い、

広義のリフォーム市場が落ちていくのも、

その要因だそうです。

 

 

いずれにせよ、

新設住宅着工数の縮小は避けられないので、

「リフォーム・中古住宅流通の活性化が必須」

とまとめていらっしゃいました。

 

 

外国のように、

リフォームして、家の価値を上げて、

買った時の金額より高くして売る!

 

 

そんな事が普通になれば、

リフォームが増えるのかもしれませんね。

(これは、私の勝手な見解・・・) 

 

とにかく、気を引き締めて、

今後の住宅市場を見据えていきたいと思います。。。

 

 

|

« 住宅着工数は何に影響するのか | トップページ | 建築士会全国大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/60524898

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム動向の今後:

« 住宅着工数は何に影響するのか | トップページ | 建築士会全国大会 »