« 明治時代のお宅をリフォーム! | トップページ | 国交省来年度概算要求決まる »

2014年9月 2日 (火)

室内環境と換気

先日もご紹介いたしましたが、

「家を建てる前に読む本」

に、またまた、楽しそうな記事を見つけたのでご紹介(#^.^#)

 

 

「室内環境と換気」と題して、

 

トルコのカッパドキアが例に挙げられていました。

 

 

トルコのカッパドキアは、

キリスト教が迫害を逃れて、

岩を掘り込んで作った「集合住宅」だそうです。Photo_5

 

 

住居の真ん中に井戸が掘られていて、

ここから上昇気流が発生し、

この井戸が風突となって、自然換気(排気)が働き、

所々に開けられた窓から吸気されて、

換気が行われているそうです。

 

 

カッパドキアだけでなく、

ヨーロッパの住宅は、

煙突とは別に換気用に

風突を設けて室内を換気する方法がとられているそうです。Photo_6

 

 

日本の場合も、

京都などの町屋では、土間の台所から屋根までを吹き抜けにして、

高低差を利用して温度差換気を行ったり、

坪庭を配置して冷水をまいて気流を発生させ、

冷気を取り入れたりしていたそうです。

 

 

水が豊富にある日本っぽいやり方ですね~(#^.^#)

 

 

 

機械ばかりに頼らない、

自然を利用した生活を目指すなら、

 

やはり、先人に学ぶのが一番なのかもしれません。。。

|

« 明治時代のお宅をリフォーム! | トップページ | 国交省来年度概算要求決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/60243613

この記事へのトラックバック一覧です: 室内環境と換気:

« 明治時代のお宅をリフォーム! | トップページ | 国交省来年度概算要求決まる »