« 単身世帯増加傾向 | トップページ | 復興住宅倍率1.4倍に »

2014年5月20日 (火)

職人不足で入札不調が続く

東京新聞の調査結果が出ていました。

 

 

それによると、

 

 

東日本大震災の被災三県の復興住宅建設が、

2014年1月末時点で、

計画の約3%しか完成していないそうです。

 

 

 

遅れの原因の一つが、

入札の不調だとか、、、

 

 

 

資材高騰に加えて、

人手不足と、それに伴う労費の高騰から、

入札不調に至っているそうです。

 

 

 

職人不足の原因は、

若者の就業率が低い。

 

なぜ低いのか?

 

 

「収入の低さ、仕事のきつさ、休日の少なさ、作業環境の厳しさ・・・etc」

 

 

が挙げられていましたが、

 

 

自分的には、

少しがっかりしました。

 

 

モノづくり日本はどこにいったのだろう?

 

 

 

収入は後からついてくるもののような気がするし、

仕事をきついのではなく、楽しい、

自分の技術向上、成長を見ることができる、

 

休日少なくたって仕事が楽しい、

作業環境なんてお構いなし・・・

 

 

そんな感じで伸び続けてきた日本。

 

 

海外に行くと、

「日本人は(真面目なので)好かれてるんですよ」

とあらゆる国の方から言われます。

日本人の気質である部分を無くしてはいけません。

 

 

職人さんになりましょう!!!

 

 

 

|

« 単身世帯増加傾向 | トップページ | 復興住宅倍率1.4倍に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/59664824

この記事へのトラックバック一覧です: 職人不足で入札不調が続く:

« 単身世帯増加傾向 | トップページ | 復興住宅倍率1.4倍に »