« パッシブハウス研修レポート③ | トップページ | 信頼のある家(折笠工務店さん展示会) »

2014年3月 6日 (木)

パッシブハウス研修④

ボチボチ最終回にします。。。

 

 

パッシブハウスの研修ではあったものの、

かの有名な建築家の100年前に建てた物件を目の当たりにして、

これまた感動でした\(^o^)/

 

 

 

ヴァイセンホーフ博物館・住宅群見学

 

1927年、ドイツ工作連盟博覧会の住居展で建てられた33棟のモデル住宅群。8 ミース・ファン・デル・ローエ、ブルーノ・タウト、ヴァルター・グロピウスといった、ヨーロッパを代表する錚々たる建築家やインテリアデザイナーが参画、現代につながるモダン建築の先駆けとなった。3_2博覧会後はシュトゥットガルト市営住宅となっていたが、昨年からル・コルビジェ設計の住宅が博物館として一般公開されている。6_2←バイセンホーフ博物館。コルビジェ作。

館内の半分は建設当時の姿に復元され、往時の資料展示や各建築家の紹介も行っている。7_2従来までの建築を「バッテン」し、モダン建築にしよう!とうたっているポスター

2_2 ←ミースファンデルローエ作の集合住宅

Photo_2 ←オウド作4_2 ←ペーターベーレンス作

5_2←ハンズスカーロン作

 

100年前にこの素敵な設計をしたんだから凄いですよね!?

感動しすぎて、涙が出そうになりました。。。

 

 

|

« パッシブハウス研修レポート③ | トップページ | 信頼のある家(折笠工務店さん展示会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/59236336

この記事へのトラックバック一覧です: パッシブハウス研修④:

« パッシブハウス研修レポート③ | トップページ | 信頼のある家(折笠工務店さん展示会) »