« ふくしまスーパーウォールスター会 | トップページ | 住宅の省エネルギー化の進捗状況 »

2014年3月28日 (金)

住宅インスペクターとは

以前も少し触れましたが、

分かり易く書いてあった記事があったのでご紹介。

 

 

この度、

長期優良住宅リフォーム事業が発表になり、

住宅インスペクター

と言う言葉を頻繁に聞くようになりました。

 

 

さて、

この住宅インスペクターとは、

「中古住宅売買のときやリフォーム、リノベーションするときに、

共通の基準で建物に問題点がないかを

検査・診断・報告する仕組みの事を住宅インスペクションと言い、

その検査人をインスペクターと呼ぶ」

そうです。

 

 

このインスペクターは誰でもなれるのか?

と言うと、

建築士、適合判定資格者が対象で、その人が、

「既存住宅 現況検査 技術者講習」を受けることにより、

インスペクターとなれるようです。

 

 

 

注意点も出ていました。

 

 

自らが売り主となる住宅のインスペクション業務を実施しない、

依頼主の意思に反して、リフォームなどを誘導しない・・・etc

 

確かに、

自分で調査して、工事を大げさにして、

工事費を増やす・・・

 

なんてことがあり得るかもしれませんね。

 

 

これから注目の資格です!(^^)!

 

 

|

« ふくしまスーパーウォールスター会 | トップページ | 住宅の省エネルギー化の進捗状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/59367624

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅インスペクターとは:

« ふくしまスーパーウォールスター会 | トップページ | 住宅の省エネルギー化の進捗状況 »