« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

今日から新人出社!①

今日から、

新卒の新入社員が入りました!Photo_2←本社配属の佐藤君。爽やか?サッカー青年。

 

先輩方の良いところ真似して、Photo_3 ←宮城営業所配属の真壁さん。 男子顔負けの頑張り屋さん(#^.^#)

そして、

新人だからこその、新しい風を入れて欲しいものです(#^.^#)13962588714281 ←プレカット工場に配属の木原君。頑張ってますね! 13962604217721 ←プレカットCADに配属の吉田君。なんか、今にも描けそうですね\(^o^)/

 

 

今年は、過去最高で10名の採用になっていますので、

また画像入手次第ご紹介していきますね(#^.^#)

 

 

先輩方もオチオチしておれません!

 

 

工務店様のそして、住まう方の為に、

毎日精進していきましょう!(^^)!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

住宅の省エネルギー化の進捗状況

3月17日の日刊工業新聞に、

「省エネ基準 住宅メーカー対応に広がり」

 

 

と載っていました。

 

 

 

改正省エネ基準が施行されて、

4月で半年になりますが、

大手ハウスメーカーは、

次々と省エネ住宅を開発しているそうです。

 

 

しかし、日本の住宅市場のシェアの半数近くを

工務店が占めている中、

工務店が供給する住宅に波及していかないと、

なかなか浸透していかないのが現状と問題視していました。

 

(株)ツボイとしても、

工務店様向けの研修会などを開催し、

日本の住宅づくりの底上げを図っていかねばな・・・

 

 

と思った次第です。

 

 

日々勉強・・・

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

住宅インスペクターとは

以前も少し触れましたが、

分かり易く書いてあった記事があったのでご紹介。

 

 

この度、

長期優良住宅リフォーム事業が発表になり、

住宅インスペクター

と言う言葉を頻繁に聞くようになりました。

 

 

さて、

この住宅インスペクターとは、

「中古住宅売買のときやリフォーム、リノベーションするときに、

共通の基準で建物に問題点がないかを

検査・診断・報告する仕組みの事を住宅インスペクションと言い、

その検査人をインスペクターと呼ぶ」

そうです。

 

 

このインスペクターは誰でもなれるのか?

と言うと、

建築士、適合判定資格者が対象で、その人が、

「既存住宅 現況検査 技術者講習」を受けることにより、

インスペクターとなれるようです。

 

 

 

注意点も出ていました。

 

 

自らが売り主となる住宅のインスペクション業務を実施しない、

依頼主の意思に反して、リフォームなどを誘導しない・・・etc

 

確かに、

自分で調査して、工事を大げさにして、

工事費を増やす・・・

 

なんてことがあり得るかもしれませんね。

 

 

これから注目の資格です!(^^)!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

ふくしまスーパーウォールスター会

昨日は、

福島スーパーウォールスター会の定例会でした。

 

 

毎月行われており、

毎回、その時期に出た住宅関連ニュース等が聞け、

大変勉強になっています。Photo

 

 

 

また、昨日は、

先日行われたリフォーム博の反省もあり、

 

8000人の来場目標に対し、

3000人くらいの来場だったと言う事が分かりました。

 

 

昨年4000人以上の来場があったのに、

今年は1000人以上減った、、、

震災後の直しやリフォームは、

そろそろ終わってきたのでは?

と言う意見も出、

 

本当に、身を引き締めて、

貪欲に仕事を受注していかねばならないな・・・

 

 

と実感した次第です。

 

 

 

この、大変内容の濃い会に、

参加してみたい方はいらっしゃいませんか?

 

 

会員募集中です!!!!(^^)!

 

 

お問い合わせは。。。メール:michiko@kabu-tsuboi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

屋根材までプレカット!?

業界紙を読んでいたら、

 

「屋根材にもプレカット化の波が迫る」

 

 

と言う記事を見ました。

 

 

職人減少傾向にある中、

サイディング、断熱材など構造材以外の分野でも

プレカットによる省力化とコスト削減が見られている最近であります。

 

 

そこに、さらに屋根材まで!?

 

 

2人で100㎡の屋根を葺くのに、

3日間かかっていたのが、

 

なんと半分の1.5日で葺くことができるそうです。

 

 

屋根工事は、天候によって工期が左右されることもあるので、

大変効果的なのでは!?

 

 

と思った次第です。

 

 

色んなモノがプレカットされる時代になっていく事は、

効率や安全、ゴミの問題に於いて、

大変良い事であるとは思いますが、

 

その反面、木材プレカットを行っている当社として、

実感するのが、

技術者の減少。。。

 

モノづくり日本の技術は、

伝承していきたいものではあります(>_<)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

最近の住宅受注状況

2月20日に、一般社団法人 住宅生産団体連合会 発表の

「最近の住宅受注状況」

が発表になりました。

 

 

「住宅ローン減税の拡充などにより、前回ほどではないものの、

昨年10月以降、

戸建てで注文住宅を中心に駆け込み需要と反動減が発生」

 

との事です。

 

 

大手ハウスメーカーさんにおいて、

昨年の9月をピークに、

受注がかなり落ち込んでいるようです。

 

 

しかし、

住宅展示場来場者の推移は、

昨年とさほど変わっていないようではあります。

 

 

また、長期優良住宅の建設状況は、

新築住宅においては12%のシェアで、

まだまだ十分に普及してはおらず、

中でも、

大手ハウスメーカーさんの多くは、

長期優良住宅に対して、

中小工務店では取り組みに遅れが生じているそうです。

 

 

 

中小工務店さんが多数のお取引様となっている

(株)ツボイとしては、

長期優良住宅の推進を図っていかねばな。

と思った次第です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

リフォーム版パッシブハウス

先日、某メーカーさんから、

「日本初!リフォーム版パッシブハウスレポート」

と言うものを頂きました。

1年前の1月に、

実際に作られたリフォームパッシブハウスの見学が

北海道にて91名の参加で行われたそうです。

 

イギリスは2016年にゼロカーボン住宅(日本でいうゼロエネ住宅)の義務化を

世界で最初に行うそうです。

 

イギリスの市場は、中古住宅が大半であり、

鑑定士制度があるため、

中古住宅購入時にその住宅のスペックを知ることが出来、

安心して、中古住宅を購入できるそうです。

 

 

日本は、中古リフォーム市場が増加していく予測であり、

今回のリフォーム版パッシブハウスは、

新しい時代の幕開けと言える、

 

 

と講演した南野一也さんがおっしゃったようです。

 

これからは、

イギリスと同じように、元の住宅を鑑定士、

目的を持ったリノベーション、

そして、住宅の性能を表示し、

資産価値の向上を図った家づくりが

重要になってくる

 

と締めくくられていました。

 

 

なるほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

今年も始まりました!新卒企業説明会

20日の木曜日、仙台AERにて、

27年春に卒業予定の大学生向け

企業説明会に参加して参りました。

 

 

 

3月中旬に26年卒業の最終の内定を出したばかりなのに、

もう始まった・・・

 

と言う感じです。Photo

 

 

今後の予定としては、

5月中に会社見学、

6月に試験

を行う予定となっております。

 

 

3月、4月は、

こういった場で企業の説明を行い、

(株)ツボイ&(株)スミ建

と言う会社を良く知ってもらおうと思っております。

 

 

会社を休まない、

健康的な方!

もし宜しければ、次回の説明会があった時には、

説明を聞きに来てください(#^.^#)

 

 

何か、就職についてのお問い合わせは。。。

メール:michiko@kabu-tsuboi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

長期優良住宅に使える防腐防蟻処理

先日、

日本ボレイト(株)さんの営業の方に、

お会いする機会がありました。

 

 

何の会社だ?

と思いましたら、

シロアリなどから避けることのできる、

防腐防蟻処理剤

の販売メーカーさんでした。

 

 

日本の防腐剤は、

合成殺虫剤となっており、

殺虫剤の中で生きていて、

果たしてよいのか?と疑問視されているそうです。

 

 

ところが、

世界で見ると、

日本以外は、「ホウ酸」を使っているらしく、

健康的だそうです。

 

 

・・・とそんなこんなを

来たる4月25日に、

(株)ツボイ2F会議室にて

14:00~研修会を行いたいと思いますので、

聞いてみたい方は是非!ご参加ください(#^.^#)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

ふくしまリフォーム博!

ラジオでも沢山放送されていましたが、

ふくしまリフォーム博が、

先週の土日で開催されました!Photo

 

 

3000人以上のご来場があり、

皆様熱心に見学!Photo_2

 

 

 

(株)ツボイの材料も展示?

いや、お手伝いさせて頂き、Photo_3

会場内でも、

木材が見えることに嬉しさと、

普段隠れてしまう骨組みがしっかりしている事を

実証できているようで、

嬉しく思いました(#^.^#)Photo_4

 

 

 

いわき市からのご来場が意外にも多くびっくり\(◎o◎)/

 

 

家づくりに本当に悩まされていらっしゃるんだな~・・・

 

 

と思いました。

 

 

 

何とかお手伝いしたいものです!Photo_5

 

 

お困りのことがありましたら、

是非ともお問い合わせください(#^.^#)

 

お客様に合った、工務店さんをご紹介したいと思っています!!

メール:michiko@kabu-tsuboi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

住宅フェアー見学ツアー開催!

先週の土曜日、

毎年恒例の「住宅フェアーを見に行こう!」

ツアーが開催されました(#^.^#)11 ←バス5台で出発!

 

 

今年も200人近くの方々にご参加頂け、

とっても楽しい時間を過ごしてきました。

 

 

このイベントの趣旨としては、

住宅づくりに係る商品の良し悪しを

一般の方々にも、

自分の目で見て確かめて頂きたい!

と言う思いで始まり、

今年で11回目の開催になりました。11_2 ←目利きな子供も出来る!

 

 

 

今年は、バスの到着が遅れたり、

高速道路が通行止めだったりと、

ハプニングが続き、

どうなることやら・・・

と心配なスタートでしたが、

ご参加の皆様の温かいご支援のお蔭で、

どうにか持ち応え?

無事に帰ってくることが出来ました。11_3 ←楽しみにして下さっているお客様と新人二人(#^.^#)

 

 

しかし、見学時間が短くなってしまったこと、

心よりお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

 

 

また来年も開催いたしますので、

どうぞ奮ってご参加いただけると幸いです。11_4 ←2012年に完成した東京駅駅舎の復元!レンガ造りが本当に素敵でした!!

 

 

本当にありがとうございました!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

H26年住宅関連補助金制度

仕入れ先さんから、

分かり易い表で、

「H26年住宅関連補助金制度」

を頂きました。Photo

 

 

 

<継続>

ゼロエネ事業、高性能建材導入促進事業、地域端ブランド化事業、木材利用ポイント、セーフティネット整備事業、サービス付高齢者向け住宅整備事業

 

 

<新規>

長期優良住宅リフォーム事業、スマートウェルネス拠点整備事業、住まい給付金制度

 

 

となっているようです。

 

 

出来るだけ多く活用して、

お得に家を購入しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

木材利用ポイント事業延長決定

このブログでも度々書いておりますが、

 

 

先日、

林野庁より、

木材利用ポイント事業の延長が決定との発表がありました。

 

 

これにより、

ポイントの発行の対象となる住宅の着工期限が半年伸び、

 

 

9月30日までに工事着手、

又は、

工事請負契約を終結した木造住宅の新築や内装・外装木質化工事

が対象となります。

 

 

ポイントの発行申請も延長となるそうです。

 

これも増税の反動減回避に向けて延長のようです。

 

 

是非とも、ご利用ください(#^.^#)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

きつつき会勉強会開催

先日、勉強熱心な工務店さんの集まりと題した「きつつき会」

の平成26年第一回目の勉強会が開催されました!Photo

 

 

今回は、いわき市小名浜にある永大産業小名浜工場さんの見学を兼ねて、

 

永大産業さんの会議室で、

 

 

住まいの給付金についてと

長期優良住宅リフォーム事業について

 

の勉強会が開催されました。

 

 

永大産業さんは、 

内装のドアや階段など、

いわゆる「内装建材」を作っているメーカーさんの第一人者でして、

 

作る工程を見させていただき、

意外にも工場作業員の方が多く、

一品一品丁寧に取り扱っているのがよく分かりました。Photo_2

 

午後からは、

先日の大雪もあり、

説明会に行けなかった工務店さんも多かったため、

 

住まいの給付金、

長期優良住宅リフォーム事業について、

本当に熱心に皆様聞かれていました。

 

 

 

きつつき会としても、

今年も募集があれば、

また参加したいと考えております!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

信頼のある家(折笠工務店さん展示会)

今週末に行われる展示会のご案内です(#^.^#)

 

 

場所は、東山ヒルズ内です!

 

 

とっても「こだわり抜いたお宅」になっており、

取材をさせて頂きながらも、

凄い良いですね~\(◎o◎)/を連発してしまいました!Photo_3 ←坂を上がってくると右側に見えてきます。Photo_4 ←こちら側から見ても素敵!(#^.^#)

 

 

百聞は一見にしかず!Photo_5←階段下の収納がまた良いですよね!

 

是非ともご覧ください!(^^)!2f←なんか素敵なテーブルだな~と思ったら、ひと手間を加えていました!!!!

 

お問い合わせは・・・(有)折笠工務店さん、ホームページhttp://www.e-orikasa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

パッシブハウス研修④

ボチボチ最終回にします。。。

 

 

パッシブハウスの研修ではあったものの、

かの有名な建築家の100年前に建てた物件を目の当たりにして、

これまた感動でした\(^o^)/

 

 

 

ヴァイセンホーフ博物館・住宅群見学

 

1927年、ドイツ工作連盟博覧会の住居展で建てられた33棟のモデル住宅群。8 ミース・ファン・デル・ローエ、ブルーノ・タウト、ヴァルター・グロピウスといった、ヨーロッパを代表する錚々たる建築家やインテリアデザイナーが参画、現代につながるモダン建築の先駆けとなった。3_2博覧会後はシュトゥットガルト市営住宅となっていたが、昨年からル・コルビジェ設計の住宅が博物館として一般公開されている。6_2←バイセンホーフ博物館。コルビジェ作。

館内の半分は建設当時の姿に復元され、往時の資料展示や各建築家の紹介も行っている。7_2従来までの建築を「バッテン」し、モダン建築にしよう!とうたっているポスター

2_2 ←ミースファンデルローエ作の集合住宅

Photo_2 ←オウド作4_2 ←ペーターベーレンス作

5_2←ハンズスカーロン作

 

100年前にこの素敵な設計をしたんだから凄いですよね!?

感動しすぎて、涙が出そうになりました。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

パッシブハウス研修レポート③

そろそろ、飽きのこないようにしたいとこですが、

まだまだ、興奮の冷めない私にお付き合いください(#^.^#)

 

 

プロクリマ社視察(気密シートメーカー)

 

エコトランスファージャパン代表(ノベルト・バウマン氏)による、気密シート説明、実験

・日本は色々な気候がある、方向・高さ・屋根の角度・風の向き・風の高さ ←重要2 3 ←二酸化炭素の濃度を測る機械。赤のランプが点灯したら危険!?

・パッシブハウスの消費エネルギー≦15kw/(㎡年)⇒灯油1Lで10kw4

・ドイツは原発をやめたので電気代が高くなっている。5

・パッシブにすると四分の一の電気代6

・ドイツでは、金額にして、新築5~8%増。リフォーム12~18%増。7

・フランクフルトでは、現在建てている公共物件はすべてパッシブハウスとなっている。

・気密シート「インテロ」夏は外気の湿気を取り入れ、冬は家の中の湿気を外に出さない設計

・通気シート「ソリテックス」基本的な性能はインテロと同じ。外壁の下地に貼るが、ブラックなため、意匠的にも優れている。Photo

 

大変優れモノの研修でした。パッシブハウスには欠かせない素材。

是非とも、ご興味のある方は(株)ツボイ 坪井道子へお問い合わせください(#^.^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

パッシブハウスレポート②

昨日に引き続き、ドイツ・パッシブハウスレポート!

クラーニッヒ団地視察

パッシブハウス建築家(ゲオルク・チルケ氏)による団地内説明、チルケ氏ご自宅視察

 Photo_4

 


熱橋が生じないように、ベランダと建物を

離して施工している。2_4

 

 


 パッシブハウス第一号3_3一番左奥 ファウスト博士のご自宅  

 

 

 地下を駐車場にする場合は、床下までの断熱。4_2地下室を居住として利用する場合は、地下室までの断熱。いずれにせよ、「一筆書き」をイメージした、途中で途切れない断熱、気密を実現するのが必須。

 

 

 

  

 


チルケ氏ご自宅5

とにかく、3重窓が当たり前。壁厚も30cmくらいはあったように思えます。6

地下には、換気システムがありました! 7

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

パッシブハウスレポート①

大雪の後、やっとのことで空港にたどり着き、

パッシブハウスの研修に行って参りました(^_^;)

 

 

せっかくですので、

ご報告。

 

「フンデルトファッサー・ハウス」外観見学

2 Photo 渦巻きをイメージし、「自然の中に直線はない」をモットーに、カラフルな外観の仕上がり。

 

 

 

 

パッシブハウスレクチャー

Photo_3  

・2012年までの累計18000棟→2014年現在25000棟

・リフォームのパッシブハウスが増えており、若干簡素化使用を「エナフィット」として認定2_3

・国策として、2020年まで全棟パッシブハウス化を予定。現在補助金制度あり。4

・CO2削減、第一次エネルギー削減に特化。

・それぞれの気候条件に合うようにする。

・ドイツ住宅事情は30~50年使う。中より外皮を大切に作る。3_2

・アクティブ→能動→従来 ⇒ パッシブ→受動→現代

・パッシブハウスの条件

①断熱 ②断熱ガラス ③熱橋が出来ないようにする 

④機密が充実 ⑤熱交換換気システムを使用  +家電を省エネタイプにする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »