« M7首都直下型地震30年以内に70% | トップページ | 長期優良住宅化リフォーム »

2014年1月21日 (火)

スマートウェルネス

業界新聞に、

2014年度の住宅施策どうなる?

 

 

と言う記事がありました。

 

 

昨年の12月24日に、政府が予算政策案を閣議決定した中に、

高齢化社会への対応として

「スマートウェルネス住宅」

を大きく打ち出したそうです。

 

 

そこで、

スマートウェルネス住宅とは?

 

 

と思ったわけですが、

 

 

どうやら、

高齢化、少子化に対応した新たな社会と暮らしを具体化する狙いで、

ICT(情報通信技術)を使って、

スマートに健康的に暮らせる社会を実現する事。

医療・介護施設が近接した住宅の整備を進めるほか、

高断熱化など健康の維持、増進を実現する先導的な住宅を誘導する。

 

 

と言う内容なようです。

 

 

しっかり着目していこうと思います。

 

 

|

« M7首都直下型地震30年以内に70% | トップページ | 長期優良住宅化リフォーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/58964936

この記事へのトラックバック一覧です: スマートウェルネス:

« M7首都直下型地震30年以内に70% | トップページ | 長期優良住宅化リフォーム »