« ユニバーサルデザイン | トップページ | 県営復興公営住宅 »

2013年11月26日 (火)

福島県の土地取引

今月最初に発行された、

福島建設工業新聞の記事で、

「5年ぶり1万件突破」

と言う記事がありました。

 

 

?なんだ?と思いながら見ると、

「復興事業の本格化で土地取引が大幅増」

 

 

との事です。

 

前年同期の34.2%増加・・・

と言う事は、

震災後3年目に入ってからの方が、

活発化していると言う事ですね(#^.^#)

 

 

特に顕著なのが、

南相馬市、いわき市、

のようです。

 

 

原発問題を抱えている地区の北と南に分かれた状態。

 

 

なるほどな~・・・

と納得です。

やはり、海沿いに住んでいた方は、

山越えはせずに、海沿いの住むのでしょう。

 

逆を考えても、

郡山に住めない!

となったら、

福島か白河に住むかも・・・(個人的には、海に行く!)

と考えた次第です(#^.^#)

 

 

これからの人生で、こういった現象が起きるかは分かりませんが、

万が一、同じような事が起きたら、

ガソリンの次に土地の確保かな?

 

 

経験・・・

|

« ユニバーサルデザイン | トップページ | 県営復興公営住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/58645595

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の土地取引:

« ユニバーサルデザイン | トップページ | 県営復興公営住宅 »