« 郡山のまちづくり | トップページ | 求人してます。。。 »

2013年10月24日 (木)

応急危険度判定コーディネーター

今日は、建築士会主催の

「応急危険度判定コーディネーター講習会」

に参加して参りました。Photo

 

 

それは何ぞや?

と言いますと、

「応急危険度判定士」と言う、

地震が起きた時に、

赤、黄、緑色の紙を家屋に貼って、

「危険」や「要注意」「調査済」

を判定する建築士

と、

市町村の行政とのパイプ役

 

と言う役割のようです。

 

 

地震が起きた!

 

と言って、近寄ってはいけない建物等、

すぐに判断していかないと、

二次災害に繋がる恐れがあります。Photo_2←実際に地図で、調査場所の区分けをしていきます。

 

 

そこで、市町村が家屋調査をするには、

人数的にも、足りなく、

建築の知識を備えた建築士が、

全壊の東日本大震災でも出動した次第です。

 

 

しかし、

もっと迅速に対応するため、

今回、第一回として、

「応急危険度判定コーディネーター」の講習会が開催されました。

 

 

私、栄えある第一期生(#^.^#)

 

 

万が一災害が起きた時には、

お役にたてるよう頑張ります!(^^)!

 

 

|

« 郡山のまちづくり | トップページ | 求人してます。。。 »

コメント

拝見しました、

講習の案内などは、
どこかの、業界団体などから
あったのでしょうか?

投稿: 佐藤 | 2013年10月26日 (土) 10時15分

福島県建築士会から案内があったようです。
実は私もその案内を見た覚えがなかったのですが、たまたま、別会合で、建築士会の仲間から勧められていく事となりました!

投稿: 坪井道子 | 2013年10月26日 (土) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/58446010

この記事へのトラックバック一覧です: 応急危険度判定コーディネーター:

« 郡山のまちづくり | トップページ | 求人してます。。。 »