« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

高資産価値となる木造住宅

先日、高資産価値住宅評議会主催の

「高資産価値となる木造住宅」

と言うセミナーに参加して参りました。

 

山辺構造設計事務所・山辺豊彦氏のご講演があり、

「軸組(柱、梁)・鉛直構面(耐力壁)・水平構面(床組、小屋組)」の

3点セット?での構造躯体の耐震住宅の重要性、

 

 

そして、プラス「地盤・基礎」の重要性についてご講演されました。

 

 

言われてみればなるほど!

と思ったのは、

構造躯体において、

鉄骨造、コンクリート造は素材自体は、

縦も横もありませんが、

 

 

「木」に関してだけは、

接線・半径・繊維方向があり、

それぞれが圧縮・引っ張り・強度においての力の発揮次第が違います。

 

 

それぞれの長所を生かした、

使い方をしており、

今では、構造計算などの方法がありますが、

先人は、実験、計算機等ない時代で、

どうして上手な使い方ができたのだろうか・・・

 

 

と感心してしまいました。

 

 

 

あとその他、

その上手な使い方に加え、

配置の仕方等の研究結果をお教えいただきました。

 

今回は、

東京の建築士会の方々が中心に聞いていられる中、

 

 

少し難しくて悩みながらでもありましたが、

販売店として、大変有意義に聞くことが出来ました(#^.^#)

 

 

高資産価値となる木造住宅づくり!

もっともっと深く考えてみたいものです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

コネの理解を誤っている

面白い記事を見つけました。

 

 

「現役税理士が見た、経営失敗の法則」

と言うコラムです。

 

 

良く、「コネ」で仕事が採用された。。。

と言う使い方をしますが、

 

この「コネ」と言う言葉を略すると、

コネクション=関係

 

 

と訳されます。

 

この記事を書かれた方は、

年収1億円超の経営者に会う機会が多いそうですが、

 

 

この経営者の方々に共通するのが、

「○○で困ったことがあったら言ってください」

「○○するので是非いらしてください」

 

 

と言うように、相手のメリットになることばかりをクチにするそうです。

 

 

つまりは、

コネがあるから価値を交換するのではなく、

価値を提供するからこそコネになる。

 

 

そういった行動をとられる方々が多いそうです。

 

コネを欲しがらず、

与えるような人間になろうと思った記事でした。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

プレカット工場の稼働率

またここ最近、

他のプレカット工場さんが加工間に合わないから出来ませんか?

 

 

と言う問い合わせが増えてきているな~・・・

 

 

と思ったら、

やはり、

9月18、19日付の木材新聞にも連日で、

「プレカット8月下旬から受注増加」と言う記事が出ていました。

 

 

9月の受注全国平均は、

108.4%(前年比5.0%)

と昨年でも忙しかったと思いますが、

更に忙しいようです。

 

 

 

8月初旬にいったん減少傾向にあったハウスメーカーさんからの受注が、

再び増加しているようです。

 

 

 

その他、

気になる記事として書いてあったのが、

プレカット工場は、

職人不足を慢性的な状況とし、

これを機に、

「設計から引き受ける、

建て方のみならず職人派遣などを含めた体制を構築する」

等、

加工対応の他にも、

増強を図る動きをしているそうです。

 

 

 

(株)ツボイとしても、

加工する時代から、

それは当たり前のこととして、

もっと進化した企業とならなくては・・・

 

と思いました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

復興についての講演

先日、

2年ぶりくらいに、

MBA21と言う、

勉強熱心な異業種交流会に参加してきました!Mba21

 

 

 

今回の公演のテーマは

「復興の加速化」

と言う題材で、

復興庁審議官 北村信氏のご講演でした。

 

 

副市長までご参加していて、

郡山の市政を交えて質問などしていました。

 

 

 

福島県の復興については、

とにかく、放射能。

 

他の県は、津波の為の復興なのに、

予算の配分も、

基本的には、放射能非難者に対する予算取りがほとんどでした。

 

 

 

また、

復興のための事業は、

「個人」のがこれまたほとんどなのですが、

 

私的には、

企業側にもっと支援してほしいかな?と予算書を見て思いました。

 

 

今、福島県の求人倍率が全国1位となっております。

 

放射能の影響で、

避難してしまった人はもちろんですが、

呼び戻すためにも、

もっと企業誘地を作るとか、

 

今現在、働いていない避難者は、

企業に勤めないと補償金が貰えないとかしないと、

働こうとしないような気もしてきました。

 

 

実際、自分の家の近くにも、

働き盛りの男性が避難してきて、

未だに働いていないようなのを目の当たりにしています。

 

それでも生活が成り立ってしまっています。

 

 

働き手がいないと、復興も遅れるとも思いました。

 

 

まぁ、これに関しては、

沢山の意見があるので、

どれにも対応できない気持ちも分かります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

アメリカの住宅市場

ある新聞に、

アメリカの住宅着工数が出ていたので見てみました。

 

 

 

アメリカでは2008年にリーマンショックが起こり、

2009年6月の住宅着工数は底となり、

その後、少しずつ回復をしているようです。

 

 

意外だったのが、

あれだけの巨大大陸なのに、

リーマンショック前2008年住宅着工数でさえ、

91万戸。

 

 

翌年2007年の56万戸を底に、

2012年では78万戸のようです。

 

 

・・・と言う事は、

日本より建っていない!?\(◎o◎)/

 

 

昔、聞いたことがありますが、

アメリカの方は、

中古住宅を買って、

数年住み、その後綺麗にリフォームして、

買った時の値段より高く販売する・・・

 

今現在もそうなのか分かりませんが、

新築は非常に少ないことが分かりました。

 

 

日本も、そういった状況の後を継ぐのでしょうか?

 

 

長期優良住宅、低炭素住宅・・・etc、

長持ちする家づくりを国としても推奨しているので、

アメリカのようになっていくのかもしれませんね。

 

 

販売業としては不安になりますが、

世界の為には良い事だと思います(#^.^#)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

断熱リフォームに150万円の補助

私は知らなかったのですが、

7月初旬に「既築住宅における高性能建材導入促進事業」と言うのが発表になっていたんですね(^_^;)http://www.zero-ene.jp/material/

 

 

「高性能建材の市場拡大と価格の低減により既築住宅の省エネ改修を促し、

省エネを推進するため、

省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助金を交付し、

予算の範囲内において、その活動を支援するもの」

要は、断熱リフォームに工事費の1/3、150万円を上限として、

補助金が出る事業だとか!?

条件としては、

天井、外壁、床、窓の4部位のうち2部位以上を

地域区分表に則って、断熱リフォームする。

使用断熱材は、SIIのホームページ

公開されている登録商品を使用するそうです。

 

 

住宅に関する補助事業が、

ぞくぞくと出ていますね・・・。

 

 

嬉しい限りですが、

なかなか使い切らないのが現状です。

 

 

もったいない。。。

 

 

もっと、自分自身も勉強して、

広報していこうと思います!!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

新しい発想とその後の展開

休み中に、

自分の子供に「ディズニーランド行ってみたい」

と寂しそうに言われました(^_^;)

 

 

それを聞いていた母が、

「ディズニーランドも最近は3世代を狙ってるらしいよ」

 

 

と言い、

「私たちがあんた達を連れて行って、

そして、孫が行く頃になると懐かしがって一緒に行きたくなるんだって」

 

と続けていました。

 

 

更に続けて、

「あの時代は、建物の中でアトラクションを楽しめることが

画期的だったよな~・・・。

今では、ヴィーナスフォートみたいなショッピングモールまであんな感じになってるけど」

 

 

 

と言っているのを聞き、

確かに、

遊園地=外

 

 

と言う固定観念を外し、

建物の中でのジェットコースター、

建物の中だからこそできる装飾、照明等によるリアル感。

 

 

 

発想の転換をし、

尚且つ、

それを発展させていかないと続かない。。。

 

 

と言う事を改めて感じた会話でした。

 

 

 

ドラえもんのポケット、夢、

まさか、そんなのあり得ない・・・

と言う事だって、

 

いつか出来る!実現する!と強い信念を持って取り組むことが

第一歩なのかもしれません。

 

 

夢を持ち続けよう。。。

 

 

 

あ、あと、子供も連れてってあげよう。。。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

ホームコネクター 福島県プレカット工場が採用!

先日に引き続き、日刊木材新聞の記事。

 

 

ホームコネクターを利用し建設」

 

 

と言う記事がありました。Photo

 

 

 

(株)ツボイとしても、

7月から採用し、

すでに数棟建てております。

 

 

???

 

・・・で、「ホームコネクターとは何ぞや?」

 

 

と言いますと、

家の骨組みである構造躯体の

接合金物は、

通常、組み建てた後に耐震強度を増すため、

更に外付けの接合金物によってガッチリとした骨組みにしていきます。

 

 

しかし!

 

 

この外付けの金物は、

天井裏に隠れることが前提に作られているのか?

見た目が良いとはいえません。

 

 

そこで!

 

 

このホームコネクターと言う(実は接着剤)部材を使って、

金物が目立たず、木材の意匠性を上げ、耐震性能も高く維持している、

大変素晴らしい工法です(#^.^#)

 

 

 

ご興味のある方は、

こちらのホームページをご覧ください

http://www.scrimtec.co.jp/seihin/h_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

柱の値段上昇

9月11日の日刊木材新聞の一面で、

「柱取りが大幅続伸・製品価格にも波及」

 

 

と言う記事が出ていました。

 

例年、この時期は入荷が減り、相場は上昇基調に乗るそうなのですが、

今年は製品荷動きの活発化を受けて、

昨年より引き合いが強まっているそうです。

 

 

特に、

杉の値上がりが顕著らしく、

値上がりが急ではありますが、

桧はここ1か月上昇なのに対し、

杉は2か月連続上昇となっているそうです。

 

 

消費税増税の駆け込みの影響なのでしょうか?

 

けれど、ここまで材が高くなるのなら、

急がず、

消費税が上がって、

価格が落ち着いた頃に建てた方が安上がりかもしれませんね(^_^;)

 

 

 

大工さん不足もまだまだ続いていますし・・・

 

 

 

どうなることやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

まずはやってみる

あるお客様に、

「社員さんに自分で本を買わせて読ませ、感想文を書いたら本代を渡しなさい」

と言う宿題を頂き、

社員さんだけにやらせる訳にはいかない・・・

と思い、自分も読んで感想文を書くことにしました。

 

 

 

多数の方が知っているかと思いますが、

神田正典さんの「全脳思考」Photo

 

 

 

正直、私が今まで読んできた神田さんの本より、

読みにくくて、

何度も戻ったり、読み直したりでした(^_^;)

 

 

 

しかし、

紙と鉛筆を用意してやってみる、

と言う場面がいくつかあったので、

 

分からないからこそ、

単純に何にも考えずに素直にやってみようと思います。

 

 

やってみると、

この本の力が分かり、

見えてくるものがあるのだと思います。

 

 

 

今からやります!!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

どのようにして選ぶのか

ふと、会社にあった、

「ふくしま2013年度版家づくりの本」を見てみました。Photo

 

 

買った当初は、

お取引先の工務店様達がどのような感じで掲載しているのかを

見ていた訳ですが、

今回は、

自分が家を建てるなら、

どこが目につくんだろう・・・

 

 

と言う観点で見てみました。

 

 

めくっていくと・・・

 

 

自分は、意外にも「人の顔」

ばかり見ていました。

 

 

お客様の顔、担当者さんの顔、社長さんの顔、

そして、お客様の声も読んでいました。

 

 

おそらく、私は、

「モノ」を「人」で買うタイプなのか?と思ったり。

 

 

確かに、新しいものなどは、

性能が良いのか悪いのかよく分からないので、

信頼おける人が、

本当に良いモノだよ!

 

と言われて、

その人を信頼しているから買ってしまうタイプなのかもしれません。

 

 

 

けれど、実際には、

色々なタイプのお客様がいて、

かっこ良い家、写真に目が止まる方、

性能の高そうな部材の説明に目が止まる方、

本当に様々です。

 

 

そう考えると、

やはり、自分の会社の特徴、好きな事、思いをふんだんに載せた方が、

それに共感してくださるお客様が集まってきて、

これまた楽しい仕事ができるのかな・・・

と思った次第です(#^.^#)

 

 

勝手な意見を書かせて頂いてしまいました(^_^;)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

被災前から建設していた魚市場

昨日の続きです。

 

 

建築士会女性員会東北ブロック会で、

岩手県の被災地を見学してきました。

 

昨日のブログでも書きました、

陸前高田市の他に、

お隣の大船渡市では、

震災前から建設していた、

本当に海際にある





Photo_3

「大船渡魚市場」の建設中の現場を見学させて頂きました。Photo←震災前の建設現場Photo_2←震災直後の建設現場

 

 

現場所長様の熱いお話には、

本当に感動しました。

 

 

建設中に大地震。

 

 

避難して、全員無事だったものの、

戻ってきてみれば、

今まで作ってきたものは何だったんだろう・・・

 

と愕然としたそうです。

 

 

また、一部埋立地もあったりなので、

地盤沈下が80cmも起きていたりで、

通常に計画して建てる、

何十倍もの苦労があった、

そして、今も、それを修復しながら、

また震災前の荷重と二重にかかってしまう場所においては、

計画をし直し、

強度をさらに強くしたりと日々、苦戦しているそうです。

 

 

 

現場の方々の大変さ、

そして、使命感の強さに感動し、

今後の自分を律する気持ちになりました。

 

 

 

1日の短期研修ではありましたが、

自分に与えられた使命。

 

 

「建築」。

 

 

 

復興する為にできる事には、

何にでも取り組んで行こうと心に誓いました。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

陸前高田

昨日は、

建築士会女性委員会東北ブロック会に行って参りました。

 

 

今年は、「総会」のような感じではなく、

岩手県の被災地を見学、

また、建設現場見学と言う内容でした。

 

 

岩手県の被災地と言えば、

今まで聞いたことがなかったような都市でも、

一躍有名になってしまった所が数多くあります。

 

 

その一部であります、

大船渡市と陸前高田市に行って参りました。

 

 

陸前高田市においては、

何度となく報道で見てきた光景の瓦礫散乱・・・とはやはり変わっており、

 

とにかく、一面野原?・・・いや、土台のような跡、

レンガ造りだったような歩道の跡がよく見るとある状態でした。Photo_4←びっちり家が立ち並んでいたそうです。

 

 

説明してくださった方の話や写真から見ると、

レンガ造りの歩道の上にはアーケード、

そして商店街が立ち並び、

活気あふれる街だったそうです。Photo_5←陸前高田駅を背に、アーケード商店街メイン通りを撮りました。。。しかし、、、分かりませんよね。。。


Photo_6←下の方のレンガ造りの歩道は、商店街の歩道です。ここにはお店が立ち並んでいたそうです。

 

 

公共施設なども充実しており、

「市」だけあって、

意外にも都会(このような書き方スミマセン・・・)の様子が、

以前の写真で見てわかりました。

 

 

・・・しかし・・・

 

今では跡形もありません。。。

 

 

また、今回分かったのは、

実は、海に近い方々は生き延びた人が多かったそうです。

 

 

昔から、津波に対する防災訓練を欠かさず行っており、

とにかく高台へ!

と小さい時から教育されていたそうです。

 

 

しかし、2キロくらい離れた山に近い方々は、

「まさかここまで来ない」

と腹をくくっており、

そして、避難訓練も行ったり、行わなかったりと曖昧だったそうです。

 

更に追い打ちをかけるように、

海に近い側は、12mの津波だったのですが、

山に近づけば近づくほど、

津波が内側に集中して集まってきてしまい、

13mを超える津波となったそうです。

 

教訓としては、

まさか・・・とか馬鹿にしたりではなく、

 

 

常日頃からの訓練、

もしかして・・・と念のための備えが大切なんだ。。。

と身をもって感じました。Photo_7←奥の方には、一本松。右側の小学校の生徒さんは、全員高台に逃げ、無事だったそうです。3Fにいては助からず、先生の判断が素晴らしかったそうです。

 

 

 

TV報道だけでなく、

何年たっても、是非とも皆さんに見ていただき、

心の痛み、教訓を感じていただきたく思いました。

 

 

 

・・・その他レポートは、また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

地道な姿

昨日は、ある工務店さんの社長さんと、

なんで今、こんなにも売れているのか?

 

と言う経緯を伺いに行ってきました。

 

 

 

その工務店様は、

お施主様の家に売り込みに行ったり、

宣伝広告をバンバンやったりはしていません。

 

 

それなのに、

何故かメールで問い合わせが来たり、

家を建てたい方が、

ひょこっと事務所に訪れたりと、

 

どうしてかな。。。

と思っていました。

 

 

 

しかし、10年前。

 

大工さんだった社長が、

大工さんだけやっててはダメだ!

 

と奮起し、

 

 

大工さんをやりながら、

現場見学会を開いたり、

業者会を作ったり、

ポスティングしたり、

まずは一人で行ったそうです。

 

 

ある住宅雑誌に掲載した際には、

コンビニに置いてあるその雑誌の自分の会社のページをグッと開いて、

その本を手に取った方が、

パラパラめくった時に、

その会社さんのページで止まるようにまでしたそうです(笑)

 

 

 

今の姿だけを見ていると、

ホームページが上手だから、、、

とか、

営業が何人もいるから、、、

とか、

そう思われがちですが、

やはり、そうなるまでには、

地道な姿があったんだなぁ・・・

と実感しました。

 

 

初心に戻り、地道に頑張る!!!

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

住宅着工数予測

建設経済研究所の調査によると、

2013年度の住宅着工数は前年度比3.8%増の92.7万戸。

2014年度は前年度比4.5%減の88.6万戸になる見通しだそうです。

 

 

今現在は、

消費税増税前の駆け込み需要、復興需要があり、

建築業界は忙しい状態が続いておりますが、

来年度は、

その反動減があると予測しているようです。

 

 

 

今、人が足りなくて、いなくて、

建築業界大変な状態ですが、

それも来年には落ち着いてしまうのでしょうか・・・。

 

それもそれで怖いなぁ・・・と思った次第です。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

会社見学

先週、日建学院さんの生徒さんが、

(株)ツボイを見学に来てくださいました!Photo

 

 

(株)ツボイとしては、

会社見学、大歓迎(#^.^#)

 

 

何故かと言うと、

社員さんがその度に緊張感を持つからです!

 

 

来て下さる方々が、

「勉強させてください・・・」

 

と言っていらっしゃいますが、

 

逆に、

ツボイの社員さんが、

勉強にいらっしゃった方々の熱心な眼差しに、

大変刺激を受けます。

 

 

また、質問を受けると、

一般の方々の視点がよく分かるので、

その目線になって考える企業に、

少しでも近づくことが出来ます(#^.^#)

 

 

お一人でも構いませんので、

見学したい方は、遠慮なくご連絡ください!(^^)!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »