« 福島県の補助事業 | トップページ | 日本人の初婚平均 »

2013年6月11日 (火)

南海トラフ沖地震

地震調査委員会発表で、

「南海トラフでM8クラスの巨大地震が今後30年以内に発生確率60~70%」

 

 

と言う記事を見かけました。

 

 

南海トラフ地震は、

約90~150年の間に1回の間隔で起きているそうです。

 

 

前回が、1944年、1946年に起きた昭和南海地震だそうなのですが、

規模が小さかったため、

次の地震までの発生間隔は短い・・・

 

と考えられているそうです。

 

 

その想定から行くと、

次の地震までの間隔を88.2年と予測されているらしく、

約20年に迫っていることが明らかになったそうです。

 

 

まぁ、あくまでも予想なのですが、

宮城県沖地震も10年以内・・・と毎年言われながら来てしまいましたので、

本当にあるのだろうな・・・と思います。

 

 

自分が体験すると、

本当に切実に、もう、あんなこと体験したくない!

と思います。

 

自然災害は起きてしまうものですので、

とにかく病気と一緒で「予防」が大切。。。

 

 

耐震性の高い住宅づくりを目指します!

 

 

|

« 福島県の補助事業 | トップページ | 日本人の初婚平均 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204695/57560945

この記事へのトラックバック一覧です: 南海トラフ沖地震:

« 福島県の補助事業 | トップページ | 日本人の初婚平均 »