« 住宅に資産を付加させよう! | トップページ | 嬉しい一通のメール »

2011年12月 4日 (日)

キャパの広い人

先日、社員さんと同行で、色々な話をしました。

 

普段は、会社でしか話さない分、

仕事の事はもちろんの事、家族の事、私生活の事など色々話をしましたが、

 

その中の会話で、

「ここまでやってやってるのに、ウチの嫁は・・・」

 

と言った言葉に、

つい反応してしまい、

余計なお世話ながらも、

 

「やってやってる」って言っちゃダメ!

 

と言ってしまいました(^ ^;)

 

今思えば、その家庭、家庭環境、各々なのだから、

どんな状況があって、

そう言う思い、言葉になったのか分からずに言ってしまったのは申し訳なかったと反省。

 

ですので、一概に何とも言えませんが、

 

廻りの環境に恵まれている私の様な人は、

絶対言ってはいけない言葉だと思っています。

 

 

その時も言ってしまいましたが、

「○○してやってる」

 

と言うと、自分のキャパの広さが必然的に決まってしまうような気がするんです。

 

自分のキャパ内の事をやっているうちは、

嫌々でもなく、楽しんで、進んで自然にやっている。

 

だけど、キャパ外の事をするから、

しょうがなくやってあげてる、

になってしまう。

 

逆に、最初は嫌々でもいいかもしれません。

 

その中に楽しさを見出したり、工夫を加えたりするのもいいと思います。

それで、またキャパが広がります。 

 

 

もしくは、自分の好きな、得意な事でメチャメチャ忙しく、生き生きとする!

 

そうすると、廻りの人も不思議と、その人のキャパ外の事は、

頼みづらくて、尚且つ、その人が一生懸命な姿を応援したくなる。

 

 

まぁ、勝手な私の見解なのですが、

いずれにせよ、キャパを大きい人間にして、

自分で自然に行っている事が、

 

「ありがとう」とか、「やさしいね」とかの言葉となって、

他の人から言われた時、

不思議だけど、嬉しい事なのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、偉そうに言っている私は、

他の人に「ありがとう」と言ったり、

「やさしいな~」と感じたりすることは多々あるものの、

 

あまり言われた覚えがないので、

 

そんな事を考えさせてくれた社員さんに「ありがとう」と思いながら、

日々精進したいと思いました。

 

キャパが広い人間になる! 

 

 

|

« 住宅に資産を付加させよう! | トップページ | 嬉しい一通のメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャパの広い人:

« 住宅に資産を付加させよう! | トップページ | 嬉しい一通のメール »