« インターシップ | トップページ | 建築士事務所協会 県中支部 青年部発足! »

2009年11月 8日 (日)

壊されていってしまう古民家

 先日、建築士会郡山支部の女性委員会の方々と、近々壊す予定との事である「堂前町の民家」を見学に行って参りましたDvc00070

こちらは、以前、建築士会郡山支部が作成した「身近な郡山の建築遺産50」にも選ばれているお宅で、大正4年に作られたお宅だそうです。Dvc00087 Dvc00085

何と言っても屋根の天然スレートは郡山では珍しく、ご案内してくださったこちらのご主人様が言うには、

当時、こちらをお建てになったご先祖様が東京で天然スレートに魅了されお使いになった

との事でした。Dvc00083  Dvc00076

部屋の中は大変に木目の綺麗な和室ばかりで、きっとお金持ちだったんだろうなぁ~!!と思いました(後から聞いたら、どうやら佐藤朴(サトウボウキ)さんの分家のお家だとか!?)Dvc00079 Dvc00078

また、当時のトイレやマンガでよく見る「昔の傘」等、面白いものがざくざくと目にすることができました(^ ^)Dvc00080 Dvc00072 Dvc00074

 もう少しで壊してしまうのが本当に寂しいようです。。。(T T)

 見学の後、こういった古民家を文化遺産として残せないか・・・等、女性建築士の方々とお話を致しました。Dvc00069

 最近、政権が変わり、少しずつではありますが、ストック住宅について話題に上ってきました。

 しかし、本当はもっともっと昔から話になっていれば、こういったお宅が当たり前で、日本の文化が守られていたのではないかと考えます。

 これからでも遅くない!日本の文化を継承しましょう!!

|

« インターシップ | トップページ | 建築士事務所協会 県中支部 青年部発足! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壊されていってしまう古民家:

« インターシップ | トップページ | 建築士事務所協会 県中支部 青年部発足! »