« サンウエーブさん | トップページ | 建築士会総会 »

2009年6月 4日 (木)

繁盛への着眼点

 何回か以前に、日本合理化協会というコンサルティング会社さんのセミナーに参加した事があります。そちらから時々セミナーの案内が届くのですが、なるほど~と思った記事があったので御紹介いたします。

 「繁盛への着眼点」と言う、創設者の牟田學氏が書いている文書です。

 「テーブルの上に置いてあるグラスは生命体ではないのですが、喉がカラカラに渇いた人がそのグラスに水を汲んで飲む事により、グラスはその人によって生かされ、生命を持つ。会社は様々な商品やサービスを売っているが、お客様と言う別の固体によって生かされている・・・(抜粋)」

・・・と言うような内容です。

 確かに自分たちが良い商品、サービスを持っていたとしても、お客様が必要に感じて下さらなければ、生きてこないわけです。良い商品、良いサービスとはお客様の立場で物事を考えねば自己満足に終わってしまうものなんだと(当たり前の事なのですが・・・)あらためて思いました(^ ^)

Dscn4413

|

« サンウエーブさん | トップページ | 建築士会総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繁盛への着眼点:

« サンウエーブさん | トップページ | 建築士会総会 »