« 初めてのロールプレイング | トップページ | フラット35について »

2009年5月15日 (金)

緊張したけど心地よい

 本日は、新規のお客様へ商品のご案内に行ってまいりました。Image1 メインは今年発売になったTR金物工法プレカットです。

しかし、お客様の方がもっともっと先を行かれていらっしゃったので、逆に勉強して帰ってきた・・・という次第でした(^ ^;)

その他にも、10月頃販売予定のAPS工法プレカットのご紹介もさせて頂きました。そこで、「ホールダウン金物は何KN対応になっているのか?」「坪単価のUPはどういった量の金物を使用したときと比較しての単価となっているのか?」「長期優良住宅への取り組みについては?とご質問を受け、その場で答えられず、宿題となってしまいました。

 その後調べたところ、「ホールダウン金物は15kn~45knまで対応(パネル工法の場合はAPS工法金物を使用した方が良いのですが、通常の工法の場合は在来工法で使用しているホールダウン金物で大丈夫)」。

現在の建築基準法で使用する金物の量に比べて多少プラスになる」

 「現在、APS工法は耐震等級3相当の壁量にも対応できる為、長期優良住宅にも対応できます。現在、長期優良住宅モデル事業への応募予定は未定ですが、前向きに考えて行きたい」との回答となりました。Aps

Aps0041自分として、何か、来週まで回答をお客様へ持っていかないとモヤモヤが続く・・・と思ったので、夕方連絡をとりもう一度伺わせて頂いたら、なんと!相見積りではありますが、一つ図面を頂く事ができました(* *)

とってもとっても嬉しかったです。

余計に頑張らなくては!と思っている次第です・・・(^ ^)

|

« 初めてのロールプレイング | トップページ | フラット35について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊張したけど心地よい:

« 初めてのロールプレイング | トップページ | フラット35について »