« いざ!群馬県へ | トップページ | サッシ交換 »

2009年4月24日 (金)

テーブルコーディネート

 昨日は福島県インテリアコーティネーター倶楽部のセミナーに参加してまいりました。Dvc00143_m

講師は会員でもある本柳清子先生で、本柳さんは県のテーブルコーディネート賞を何回も取られていらっしゃる第一人者です!

 私にとって、「テーブルコーディネート」とは何なのだろう???と思っていた部分もあったので、大変勉強になりました。

 テーブルコーディネートとは、「おもてなし」「見た目のおいしさ」を表現するもので、テーブルコーディネートにもお茶の世界のような「決まり」がある事が分かりました。Dvc00150_m

テーブルコーディネートには「お皿、カトラリーグラス(フォークやスプーン)、花、リネン、明かり(キャンドル)」の6つの必要なアイテムがあるそうです。

 また、フォークやナイフの置き方には「イギリス式」「フランス式」があったり、お皿を置く位置はテーブルの手前から3本指が入るくらい空けて置く等、色々決まりがありました。Dvc00146_m

 材木に囲まれた生活の中で、こういった優雅な知識を学んだ事は本当に大変勉強になりました。

 インテリアコーディネーター倶楽部は本当に勉強になりますよ!

 

|

« いざ!群馬県へ | トップページ | サッシ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルコーディネート:

« いざ!群馬県へ | トップページ | サッシ交換 »