« 大内宿の屋根吹き替え | トップページ | いざ!群馬県へ »

2009年4月21日 (火)

新聞記事:なぜ右利きが多いのか

 4/18の日経新聞の記事に、「なぜ右利きが多いのか」と言うのがありました。Photo

名古屋大教授の八田さんと言う人が学生に調査したところ、約88.7%の人が右利きだったそうです。

 では、なぜ右利きが多いのかと言うと、実ははっきりとした答えと言うのは未だに分かっていないようなのですが、有力案としては、右手を動かすのは左脳、左手を動かすのは右脳となっている中で、人間は言語を操るようになり左脳が進化し、自然に右を動かす機会が増えていった事で右利きが多いのではないか・・・と言う説があるようです。

 他にも、出産時の脳の圧迫説、心臓を左手で守りながら右手を動かせていたという説、といろいろあるようです。

 私はないものねだりなのかもしれませんが、左利きの人を見るとなんとなく、いいなぁ~と思ってしまったりしています(^ ^;)

|

« 大内宿の屋根吹き替え | トップページ | いざ!群馬県へ »

コメント

この日経のコラム「裏読みWAVE」には面白いネタがよく紹介されていますよね。小林明編集委員によると、右利きは古今東西、約9割。「左利きにも優しい社会になるべき」という指摘もすごく納得できるものでした。

投稿: | 2009年4月24日 (金) 12時27分

あ!丁度見たのですね(^ ^)
私も最後の言葉を読んで、今まで「右利き中心の社会」だった事に気付きました。

投稿: つぼい | 2009年4月25日 (土) 05時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記事:なぜ右利きが多いのか:

« 大内宿の屋根吹き替え | トップページ | いざ!群馬県へ »