« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

完成保証つけた方が良い?

 先日のブログでご紹介した、新建ハウジングさんの記事のご紹介です。

 雑誌、新聞でだいぶ取り立たされた「富士ハウス」さんの大量の未完成工事物件問題は大変深刻なものです。ある意味、姉歯事件以来の大きな問題ではないかと私自身思っています。

 そこで、載っていた記事。注文住宅を検討中の300人に聞いたアンケート結果です。

富士ハウスの報道を知って不安になった方が全体の77%を占めています。Photo

その中でも大手ハウスメーカーさんに対する不安が地場工務店さんより大きいようです。Photo_2 大手ハウスメーカーさんは営業マンとの接点になっている為に財務内容までは見えてきにくい。しかし、工務店さんは経営者自らが地場に密着して活動している為、とってもクリアに見えているのではないでしょうか。・・・と私の見解(^ ^;)

 また、完成保証は利用したいか?と言うアンケートに対しても、ハウスメーカーさん派、地場工務店さん派両方とも、70%を超える方が「利用したい」となっています。Photo_3

一方「完成保証がいらない」とお答えいただいた方のお答えには「倒産する事を前提とした保証はいらない。そういう制度を導入している会社には始めから頼まない」と言う意見が代表的だったそうです。まあ、確かに。

 しかし、世の中の動きとして、「隣りの大工さんに建ててもらう」と言う世の中から一辺して、宣伝広告、見学会、展示場といった、昔からの知り合いではない会社さんに頼むことが多くなってきました。そういった中では切っても切れない保証になってきたのかもしれませんね(。>0<。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

どうなる建築2009

 本日は、建築士会郡山支部の研修会でした。Dvc00173_m

講師の先生は(株)新建新聞社 新建ハウジング 取締編集長 三浦祐成先生でした。

題は「どうなる建築2009」でしたが、住宅着工数の落ち込みなど暗い話なのかと思いきやそうではなく、今後の住宅のあり方をお話して頂きました。

 先生としては、「企業らしさ、個性」を生かした住宅を推進されており、日本特有の「注文住宅」形式から脱皮すべきでは、と言うことでした。

 また、最後の方に今後の戸建て住宅数の推移についてお話されましたが、現在、100万戸を割ると言われておりますが、それどころでなく、最終的には20万戸まで減ると予測しているそうです。恐ろしい・・・。

 また、ピラミッド型の現在の住宅に対する意識調査の分布を説明もしてもらしましたが、ピラミッドの一番上「こだわり層20%」次に「準こだわり層20%」一番下に「非こだわり層60%」と見ているそうです。Dvc00172_m

せっかく良いものを作りたい!と思っているのに需要はそうではないのでしょうか??

 一生に一度か二度しか作れない住宅です。ぜひともこだわって、満足いく住宅に皆様に住んで頂きたいものです。

大変勉強になりました(^ ^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

鹿沼の木材研修

 本日は、福島市の安斎建設(株)さんと鹿沼の(有)西村製材所さんへ木材の研修に行ってまいりました(^ ^)Dvc00168_m

西村さんの担当の方に一日お世話になって、建具屋さん、ダボ屋さん、そして西村さんの持っていらっしゃる山に行ってきました。Dvc00161_m

色々と勉強になった事があったのですが、その中で「立ち木は山の下の方が良く育つ。栄養分が上から下に流れる為」と森林の中を歩いて杉達に囲まれて綺麗な空気を吸いながら聞いたのが印象的でした。

 また、「桧」の方が「杉」よりもどうして高級感(値段)があるのかというと、苗自体はそれ程変わらないそうなのですが、桧は育てる過程で、枝を時々取らないと材木としては使用しづらくなる事等、手間が杉よりもかかる為値段が高くなっているとの事でした。なるほど~・・・

 その他にも、栃木ダボさんへ行き、ダボと言う名前からダボだけを作っているのかと思って行ったのに、全く違いました。よく、玄関収納やシステムキッチン等に使われている「木目調の扉」や「ケーシング」等、心材を作って木目のシート貼をするお仕事姿が見れました。こうやってあの扉は出来てるんだ~と大変感心しましたw(゚o゚)wDvc00163_m Dvc00165_m

 他にも建具屋さんを見て回ったり、もちろん西村製材所さんの製材をしている所を見たりと大変楽しかったです。

 行ってみたい方はぜひともご一報下さい!「世界一為になる授業」みたいですよ(^ ^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

長期優良住宅の基本方針と認定基準決定

 国土交通省はこの程、長期優良住宅普及促進法における基本方針を公布致しました。これにより6/4の施行に向けた体制が整いました。

 長期優良住宅を図ることの重要性として

①環境負荷の低減   ②国民負担の軽減   ③国民資産の向上

の3つをあげています。

 認定を受ける為には、構造および設備に「長期使用構造等」とする為の措置をした住宅建築計画、30年以上にわたる維持保全計画等をまとめた「長期優良住宅建築等計画」を行政庁に申請します。

 認定を受ける事により、過去最大規模の住宅ローン減税、不動産取得税、固定資産税などの優遇措置がうけられます。Photo

認定基準一部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

WBCにちなんで(^^)

 今日のWBCで日本が優勝!すごかったですね~(^ ^)

 ダイジェスト版を見ていましたが、結果が分かっていたので比較的落ち着いてみる事ができました。

 チーム一丸となって戦う姿。感動いたしました。

 そこで、今日はちょっと離れていますが、本のご紹介。作者は現在「楽天」の監督でいらっしゃいます野村克也氏です。 Photo_2

 野村再生工場と題されていますが、野球の指導者として成功例を交えながら私たちにも大変役に立つ話が沢山かかれておりました。

 なかでも印象的なだったのが「フォア ザ チーム」と言う言葉です。

 これは「自分が打つことでチームに貢献したい」ではなく、「チームの勝利に貢献する為に打つ」と言う考え方にならないと、力が分散し、チームは崩壊してしまうという事です。

 これは会社組織にも言えることで、フォア ザ チームの精神で、皆で一体化になりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

今年から仲間入り・・・

 大変暖かくなって来まして、気分がウキウキo(*^▽^*)oしてきました。

 ・・・と思っていましたが、1ヶ月前くらいから風邪をひいたのか、鼻がズルズル・・・が続いておりました。Result_011

 しかし!今でも治らなく、なおかつ酷くなるばかり。

 もしかして、花粉症!? と思い、花粉症と風邪の違いを調べてみました。

1、風邪のような症状が続く。 2、くしゃみが続けて出る。 3、鼻水がサラサラしている。 4、熱があまり出ない。 5、鼻づまりがひどい。 6、目がかゆくなる。 7、毎年同じ時期に症状がでる。 8、家族の中にアレルギー体質の人がいる。

皆様は何個あてはまりますか?私は、6~8番以外あてはまり、診断したら「可能性がある」となりました。Result_051

ついに認めます。私も「花粉症」の仲間入りをしたのだと・・・。

 ちなみに、私が小さいときには花粉症と言う言葉を聴いたことがなかったので、現代病なのかな~と思い、これも調べてみました。

日本で初めて花粉症が発見されたのは・・・
実はつい最近の 1961年 、アメリカからの外来種「ブタクサ」の花粉症だった。
「スギ花粉症」は、それから遅れること2年、 1963年 日光で初めて報告された。

●短期間で激増した!
その後、花粉症患者は急増し、1996年には日本人の約 10人に1人 の1,200万人に!
東京都内では、 5人に1人 が花粉症にかかっているという。

と言うことでした。やはり現代病・・・。一緒に乗り切りましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

お彼岸とは

 無知な私の言葉の意味検索!

 お彼岸とはなんぞや??と思い、調べてみました。(普通は皆さん知っていますよね(^ ^;))Sin011

「彼岸」とは、仏語の一つだそうですが、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者がこの期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ(彼岸側)行くことが出来ると考えられていたそうです。

 なぜ、お彼岸にはお墓参りをするのでしょうか??これは、日本独特の習慣のようです。

 彼岸を広めたのは聖徳太子と言う説がありますが、その昔から、彼方の岸(彼岸)にいらっしゃるご先祖様へのご挨拶、そして極楽浄土へ行く為の願いなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

展示会より帰ってきました。

 昨日は、夢のような一日であっという間に過ぎ去ってしまいました。

 ご参加の皆様、本当にありがとうございました!

(株)ツボイHPでもイベント情報に写真集をアップしようと思っておりますが、ちょっとお先に・・・PhotoPhoto_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 1 23 4 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

東京に来て展示会見学!

東京に来て展示会見学!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日は、住宅フェアーを見に行こう!ツアーで東京ビックサイトにきてますo(^-^)o沢山の新商品、情報満載で、あっという間に時間が過ぎました。お客様達はどうだったでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

完成見学会のご案内

 今週末に行われる、村越住建(株)さんの完成お披露目会のご案内です。Viewimg1

「八溝」と書かれている文字の下を支えているお方は、一級建築士の車田部長でして、普段はニコニコ優しい笑顔ですが、こちらの写真の通り、お仕事になると真剣な眼差し!!かっこ良いですね~

今週の土、日、14日(土)、15日(日)富田町字下曲田16-3にて「健康住宅 博士の家 八溝」のお家が見ることができます!

 写真の通り、ムク材をふんだんに使ったお宅でして、なおかつ、地産地消をモットーとしている為、栃木県・茨城県・福島県の県境をもつ「八溝山」から取った桧、杉の材料となっております。

 ムク材の良さは、写真で見るだけでなく、ムク材で出来たお宅に入った瞬間に香る木の匂いが最高です!!ぜひともご覧下さい(^ ^)

 3/14、15日 10:00~17:00 

 郡山市富田町字下曲田16-3 八山田カインズホーム近く

 お問い合わせは・・・村越住建(株)さん  http://www.murakoshi-juken.co.jp/

 TEL:024-934-4434 FAX:024-938-4599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

住宅瑕疵担保履行法:保険料割り引き

 昨日、福島県木連さんから一通のFAXが届きました。

 10月より施行される「瑕疵担保履行法」に向けた先行的社会実験・検証の実施についてでした。

 内容は、平成21年3月9日~23日の期間内に保険の申し込みを行った物件、全国で3万戸において、保険料が半額になるとの内容でした。

 実施の目的の中に、「これまだ保険を利用した事のない事業者の保険利用を促進する」とありました。

 確かに、10月から施行されると言えども、なかなか浸透していない現状でして、また10月以降に混乱を招く恐れがありそうです。(株)ツボイとしても、地場工務店様に支えられておりますので、10月に保険加入がまだだから着工できない!となっては大変残念ですので、これを期に、保険の加入も促進しようと考えております。

 詳しくは・・・ツボイ営業マンへお尋ね下さい(^ ^)

 国土交通省HP・・・http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000056.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

山小屋風物置を作ってみよう!

 先日のブログで「物置」について書きましたが、またまたお問い合わせが来ました。

 ツボイで販売している「物置キット」のご紹介をさせて頂きます!Photo

こちらは、日曜大工に皆様で楽しんで頂きたく発売された、骨組みとしてのキットとなっております。

 3坪以上ですと確認申請が必要だったりと大掛かりになってしまいますが、こちらのキットは幅3400mmx奥行き2900mmx高さ2900mmと3坪に満たない為、お客様のお庭や空いている土地にサクッと建てる事が出来ます。

 また、骨組みのみの販売となりますので、お客様のお好みに合った、壁や屋根の部材をお近くのホームセンター、又は㈱ツボイでご購入頂き作り上げていく!・・・とっても楽しみながら作成できます(^ ^)/~

 キットの材料内容は、土台、桁、母屋、柱、間柱、タルキ、筋交、火打梁、付属金物一式、です。もちろん木材プレカット済み!!

 お値段は税込み157,500円

 配送料は県内でしたら、一律1000円となっており、プロの大工さんに立ててもらいたいと言う方はプラス建て方費15000円となります。

 「お父さんの隠れ家」と別名がついておりますが、この商品はツボイの境常務が自分の為に開発したようです(^ ^)

 お問い合わせは・・・kabutuboi9320301@nifty.com

             TEL 024-966-0301  ㈱ツボイ 境まで

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

家の金額ではなく支払額で考えよう!③

 またしつこい・・・と言われても書き続けます。

 「住宅は今が買い時!」第三弾めです(^ ^)

 昨日のブログの続きですが、「税制面」での優遇措置のもう一つです。

 それは、「親からの資金贈与を受けて住宅を建てた場合、3500万円まで贈与税が課税されない」といった内容ですが、これは今年一杯となりますのでこの期間にぜひご活用ください!Photo_2

表は3600万の住宅を購入した場合、親からの援助700万、自己資金300万でローンを組んだ場合のシュミレーションです。

 住宅ローン利息分347万円もお得になります。

 お父様、お母様を大切にし、銀行に払う利息ではなく自分の親に身を持って今以上に(利息分?!←言葉が悪くてすみません)大切にしましょうね(^ ^)

 今までの3回で、金利、税制面での優遇措置をご連絡してきましたが、そこに付け加え、資材販売業としては、以前よりは物価も下がってきました!

 と言うことで「住宅は買い時です!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

家の金額ではなく支払額で考えよう!②

 先日の続きです。

 住宅の「買い時」の理由のもう一つは「税制面」です。

 1月23日に国会に提出された内容に「平成21~25年に入居する人を対象に住宅ローン減税の最大控除額が500万まで引き上げる(以前は160万)」となりました。Photo

さらに、長期優良住宅(長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅)に於いては、一般住宅が控除率1%に対して、1.2%減税になります。

 家の値段は少しプラスになってしまいますが、支払額は同様で、快適な住宅に住む事が出来るのでしたら、長期優良住宅の方がいいですよね!

 ところで、住宅ローン減税とは何?と言う方にご説明です。

 住宅ローン減税とは、「年末の住宅ローン残高に一般住宅の場合は1.0%(長期優良住宅は1.2%)掛けた金額」か「所得税額」のどちらか低い方の金額が年末調整で戻ってくる制度です。

 また、上記だけでは最大控除額500万までフルに使えない方の為に、住民税からの控除もプラスされる内容もあり、とにかく「今が買い時オンパレード!」です(^ ^)/~

 長くなってしまったので続きはまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

家の金額ではなく支払額で考えよう!①

 2回に渡り、「今が買い時!住宅購入優遇の現状」をお知らせしようと思います。

 この不況で住宅の購入を悩んでいらっしゃる方に朗報情報です。

 不況だからこそ日銀による政策、国の措置が十分にとられようとしている現状があります。

 まず、本日は「金利面」での朗報ですが、「金利は底に近い状態」になっております。例えば、バブル期までは一時8%を超えていた金利がバブル崩壊後4%まで下り、さらに現在は2%台前半で推移しております。

 さらに!銀行は、住宅ローンに優遇金利(一定期間にわたって店頭金利から割引になる金利。年収や銀行によって若干違いはある)を設定しており、例えば借り入れ金が3000万、35年ローンを組んだ場合、1%の優遇金利の銀行だったりすると、総支払額で645万円もの差が出てきます。Photo

いつまで、銀行さんだってそういった優遇金利を提示するか分かりませんし、なんと言っても不況だからこその低金利!

 先が不安だから・・・と悩まれている方々。不安だと思うのでしたら、住宅を購入して自分にプレッシャーをかけ、今勤めていらっしゃる会社さんにの繁栄、存続を願い自分の為に頑張る!!それによって会社繁栄もそうですが、自分の昇格にも繋がるかもしれませんよ(^ ^)v

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

子供に教えるとき

 本日は、先日のリクルートさん主催の企業説明会㈱ツボイのブースに来てくださった学生さんが会社見学にいらっしゃいました。Dvc00130_m

先日も男の子2人来てくださいましたが、今回は女の子でプレカット工場案内係の三浦君も先日と同様、はりきっていまいた(^ ^)

建築科を選択している学生さんではなかった為、すべての言葉に反応しており、私がツボイに入社したときの事を思い出してしまいました。

私は高校生のときからバドミントンを始めましたが、その時に教わったコーチの方が今でも人生の恩師になっていると思っております。

 沢山の言葉が今、会社で社員と一緒に働く中で役に立っていますが、今回の学生さんに説明するときに「大人は子供を経験しているからその目線に立てるけど、子供は大人を経験してないから分からない。子供の目線まで降りてあげなければ」と言う言葉を改めて思い出しました。

 本日の学生さんに関わらず、今でも色々な場面でその言葉が生きています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

木材プレカット金物工法でできる?

 本日は、某工務店様で「ムク材でオール金物工法プレカットできるのかどうか」と言う宿題をあずかったので色々調べてみました。

 まず、答えとしては出来ない事はないそうですPic021

と言うか、やろうと思えばそれは出来ますが、あまりにも危険すぎる・・・。と言う結果でした。

 まず、第一に何故今までこれ程までに金物工法が普及しているというのに皆さん集成材なのでしょうか?

 それは、ムク材は木痩せ、曲がり、ソリ、割れなどどうしても出てしまうため、金物工法に於いては0.5mmのクリアランスしかとっていませんので(1mmにも満たないんですよ!)、施工するのに相当ご苦労される、ましてや、上棟が一週間伸びた・・・となったらムク材は伸縮しますから大変!!

 また、他にも、施工後の金物の緩みが発生したときに締め付けが容易でない、ドリフトピンの丸の小さい断面で全荷重を支える為、ムク材だと潰れてガタガタになる可能性が高い・・・等々です。そういったことから安定性のある集成材を業者はオススメしているようです。

 また、金物工法にする事により集成材の使用となる為、HPで見つけた工務店様は「この構造用集成材は無垢材の約1.5倍の強度を誇り、完成後も「ゆがみ」「狂い」が少なく、含水率が低いため建物の耐久性も向上するといった優れた特徴があります」と集成材使用でお客様に安心度をアピールしているぐらいです。

 しかし!どうしても見せ場である床柱、化粧梁等を使用したい!!そんな方にオススメなのが、㈱ツボイ新商品「TR金物工法Image1

 在来工法の弱点である断面欠損が多い通し柱のみ金物で接合。耐震性能がUPします!

 そして、何と言っても、工務店様それぞれの個性の表れる化粧梁、床柱等が今までと変わらず使用できるメリットがあります。

 群馬県のあるプレカット工場さんに聞いたら、今では相当需要があるそうです。

 オススメです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

賃貸戸建てユニキューブ

 本日は、㈱ツボイの古くからお付き合いのある大堀建設工業(株)さんがユニキューブシリーズの加盟店になられ、初めての建て方の現場に行ってまいりました!Dvc00112_m

以前のブログでに福島市の安斎建設(株)さんの建物でご紹介致しましたが、仕上がりは現代風で、外見からは賃貸風に見えませんが、実は賃貸で使用されるのがオススメとの事です。2棟で1セットでして、1棟はオーナー棟、2棟目は賃貸とする形態です(^ ^)

 先日このブログでもご紹介致しました、「住宅はこれからが買いだ!」にも書かれておりましたが、賃貸の2LDKは過剰供給になっている現状ですが、実は3LDK以上の賃貸物件は供給が足りないそうです。面積が広い為値段を上げると借り手がいず、安くするとオーナーさんにとって割に合わなくなってくる為あまり作っていないのが現状です。Dvc00093_m

 そういったところからも、このシリーズは戸建てのメリットがある為にお施主様は多少プラスになってでも借りたい!と思う上に、隅々までの原価管理の下で設計されている為(正直、私どももかなり勉強になっております)、オーナーさんが建てる費用がそれ程かからず建築できるというメリットもあります。

 後日説明会があるとの事でしたので、ご興味のある方はぜひともご連絡下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

物置きのお問い合わせ

 先週、ツボイのHPを見ていただいてだと思うのですが、メールで物置に関するお問い合わせを頂きました。A1002041

 SPFと言う材種の土台を使った物置を建てたい、とのお問い合わせでしたが、私自身が大変勉強になったので、ブログの記事にしてみました。

 土台と言うと、私のような素人は「米栂防腐注入、米ヒバ、桧以外も使えるのかな~??」と疑問に思ってしまいました。

 そこで、‘ツボイの木材博士‘境常務に聞いてみたところ、「SPFでも使えるのは使えるよ」と教えてもらいました。

 SPFと言うと2X4(寸法が38 mm x 89 mm)、2X6(38 mm x 140 mm)のサイズが多い為、平たい板のイメージがあります。しかし、私が見たことがある土台は90mm×90mm、105mm×105mm、120mm×120mmと言ういわゆる角材だった為、どうも頭の中で一致しません。どうやって使うの???

 基礎からアンカーボルトを立ち上げてその上に柱がずれないように溝を彫ったSPFを敷き、その溝に柱を立ててアンカーボルトと柱を緊結する・・・と言う方法だそうです。

 なるほど~・・・

 しかし、博士によると日本で土台としてよく使用されている、米栂注入、米ヒバ、桧と比べるとやはり強度、耐久性が低い部類に入るとの事でした。

 大変勉強になりました。お問い合わせくださった方、誠にありがとうございます。

 また、㈱ツボイとしても「物置キット」を販売しておりますので、こういったものも検討の余地に入れていただければ幸いです(^ ^)Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »