« 樹脂サッシ耐火偽装問題 | トップページ | 親は大切にしましょう。 »

2009年1月15日 (木)

「わたくしが建築士を目指した理由」

 表記のタイトルの題材で、郡山の建築士会の方から文書を提出するようおおせつかり、書く事になりました

 理由ははっきりしていたものの、いざ書くとなるとまとまらないもので、意外に時間がかかってしまいました。また、書く事によって初心に戻る事も改めて出来、良い経験をさせて頂いてると実感しております。

 私の建築士を目指した理由は、耐震偽装問題が発覚致した後、全国のプレカット工場が集まる機会で「プレカット工場でも建築士事務所登録をしなければならない時代が来る」と聞いたためです。

確かに、地震大国日本に住んでいる限り、耐震住宅でも重要な役割を果たす構造設計と建築。しかし、その加工をする為のCAD入力者、加工する人は誰でも良いのでしょうか?誰でも良くありません。やはり設計の基本をしっかり学び、資格を有し、責任を持った設計、加工が出来る工場が行うべきです。

 また、建築士事務所登録をする事により分かったのですが、社員全員が自信の持てる構造材プレカット作成の意識、緊張感を持つ事にも、より一層、繋がるようになりました。一人一人が責任を持ってお施主様の安心・安全な家づくりのお手伝いを今以上に意識するようになる。会社のレベルアップにもなっております。Pic021

|

« 樹脂サッシ耐火偽装問題 | トップページ | 親は大切にしましょう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わたくしが建築士を目指した理由」:

« 樹脂サッシ耐火偽装問題 | トップページ | 親は大切にしましょう。 »