« 産学官 横断 産業論 | トップページ | 福島県インテリアコーディネーター倶楽部忘年会 »

2008年12月 2日 (火)

二つの矛盾

 先日(11月20日)、NHKのクローズアップ現代を見ていたら、過剰供給になっている荒廃マンション事情について放映していました。

 マンションの空き室は増えているにもかかわらず、マンションの建築はどんどん増えているそうです。

 また、最近は古くなったマンションを改築する事も行っているらしく、例えば、4階建てのマンションがあった場合、最上階の4階部分はなくしてしまい、下の階の耐力をつけ、なおかつ、2階と3階をつなぎ、内階段にするリフォーム方法をとり一戸の平米数を大きくし賃貸、販売するそうです。Photo266321_2

 そして題目の「二つの矛盾」の対象のもう一つは、ジャパン建材(株)さんが毎月出している「bullsbusiness」と言う新聞記事に、「住生活基本法」について載っていたことです。

 この記事には、2006年に制定された「住生活基本法」の内容が書かれていましたが、そこには「量」から「質」への転換が基本理念の一つに組み込まれていました。

 国が望むのは量ではなく質の向上なのに、実際はクローズアップ現代で放映されていたように、量ばかりが増えている。なんか、とっても矛盾を感じます。

 しかし、量が増えないと、我々納材業者は困りますが、質の良くない住宅が増えるのではなく、質の良い住宅が増え、そこに納材している業者でありたいと思っております。

 行き着くところは、色々と広告等の経費をかけずにお客様の家に費やす、頑張っている工務店さんが一番!だと思います。

|

« 産学官 横断 産業論 | トップページ | 福島県インテリアコーディネーター倶楽部忘年会 »

コメント

マンションは賃貸なら住んでも良いのでしょうけど、買っちゃったら後で負の資産になって大変な場合を考えなくっちゃいけないケースがあると、専門家が見ているようです。

数年前から主要都市で行なわれている高層マンションの建設。ゼネコンが、また、日本国民を食い物にしています。

投稿: 設計屋 | 2008年12月 3日 (水) 21時20分

いつも貴重なコメントありがとうございます!
マンションだと「負の遺産」になってしまうと言うのは、どういうことなのでしょうか??
戸建てだと土地が残る?その違いですか?

投稿: つぼい | 2008年12月 4日 (木) 04時34分

法律を勉強せれた方は、ある一定の考えにたどり着きます。古くなったマンションを所持していることが、「負の資産」であることを・・・

マンションが、価値があるのは、購入希望者がでてくるような程度の良い物。
これだけ増えてくると、荒廃するマンションも出てくると思います。
入居者の管理費滞納、エレベータが動かない、周囲はゴミの山。管理組合破綻なんてことになったら最悪です。

郡山駅近くに完売していない、免震タワーマンションがあります。
免震工法の30年後。誰が責任取るのでしょうか?

投稿: 設計屋 | 2008年12月 4日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つの矛盾:

« 産学官 横断 産業論 | トップページ | 福島県インテリアコーディネーター倶楽部忘年会 »