« 木住総研 21世紀型のマネジメント2 | トップページ | おまけ 木住総研 »

2008年10月 7日 (火)

21世紀型のマネジメント 3

 あまりにも長くなってしまうと間延びしていまうので、第三弾はおおまかな抜粋でしめくくります

 ①リーダーが期の初めになすべき事には、あと二つあります。

 「自社の目標、方針、計画決定する」「その徹底の為に統合を図る」です。

 目標とは、何をいつまでにどのレベルまでやるか、方針とはどのようにやるかを示したもの、計画とは成功のシュミレーション

 統合とは、上司と部下で充分に話し合い、最適解を決め、お互いに納得した状態を作る。

 ②進捗不具合時になすべき事は?

 1:実績を測定 2:計画と比較 3:原因分析 4:解決策を考える 5:具体策を打つ

 基本的行動理論                                           <業績不振時こそ、不屈の闘志明るい思いと必達戦略を打ち出せ!>

|

« 木住総研 21世紀型のマネジメント2 | トップページ | おまけ 木住総研 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀型のマネジメント 3:

« 木住総研 21世紀型のマネジメント2 | トップページ | おまけ 木住総研 »