« 処世哲学① | トップページ | 世界のインテリア »

2008年5月13日 (火)

処世哲学②

 昨日の続きです。

 リーダー・・・「その人について行けば、食いっぱぐれがない」、それがリーダー像で最大の条件。次に、リーダーでも、部下でも、男女でも、魅力とは性格のことである。

 天の時と地の利・・・人でも動物でも、その地で力が強いから、生き残って栄えるとは限らない。頭が良いから、体が大きいからでもない。激しい変貌に対応できるかどうかが、生存の最大の条件だと、ダーウィンは言っている。

 選択・・・会社は「上場するか」「売るか」「長く続けるか」三者の選択の時代になった。社長が選ぶ大事だ。

 正義・・・ウソをつかない。それが正義の基本である。決して法律ではない。法は行動の規範ではなく、違反の規範として在る。

 なかなか、ドキッとするような事が書いてありました。時々見返して、忘れないようにせねば・・・と思います。

|

« 処世哲学① | トップページ | 世界のインテリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処世哲学②:

« 処世哲学① | トップページ | 世界のインテリア »