« 環境問題 広告:福島家作りサイト http://ie.kabu-tsuboi.com | トップページ | プレカット・集成材工場見学 »

2008年2月18日 (月)

進化する木拾いソフト 広告:福島家づくりサイトhttp://ie.kabu-tsuboi.com

 本日は、㈱ハウテックさんが来社され、木拾いソフトであるB-MOSと言うソフトを見せてくれました。Bmos

 木拾いとは、住宅を建てるにあたり、どこにどの木材が何本必要になってくるか数えてお見積りをすることでありますが、今現在でも、コンピュータで住宅の間取り等を入れて「積算」ボタンをクッリックするだけで自動計算をしてはくれています。

 しかし、どうしてもお客様によって仕様が違っていたり、地方によっても仕様が違いますので誤差がでてきてしまっています。

 今回の説明だと、それぞれのお客様ごとに設定が出来たり、従来ですと変更が出ると一から入力しなおすケースが多かったのですが、それがソフトの方も柔軟に対応するようになっており、いちいち入力し直さなくても、変更があったところだけ直せば良くなっていたりと随分進化しておりました。

 また、㈱ツボイで見積り・受発注・請求すべて行っている「木太郎」と言うソフトとも連動できるとの事でしたので、業務の効率化が図れそうな気がしました。

 画面を見ながら説明を受けたのですが、本当にこういったソフトを考え出した人はすごいな~と思いました。

 人間、いかに楽をする事を考えるか!! ・・・・ですかね~(^ ^)

 また、こちらですと、構造計算(建築物を設計するときに安全性を計算する)、N値計算(どのくらいの金物等で固定すれば土台から柱が抜けずに済むか計算する)、壁量計算(実際に建物内に存在する壁量が必要壁量を上回っているかを確認 する)も行えるそうです。今後、こちらを使ったサービスも視野に入れて行きたいと思いました。

 とにかく、こういったソフトは進化が早いですね。私もついていかねば・・・

|

« 環境問題 広告:福島家作りサイト http://ie.kabu-tsuboi.com | トップページ | プレカット・集成材工場見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化する木拾いソフト 広告:福島家づくりサイトhttp://ie.kabu-tsuboi.com:

« 環境問題 広告:福島家作りサイト http://ie.kabu-tsuboi.com | トップページ | プレカット・集成材工場見学 »