« セミナーご案内 | トップページ | 耐震診断士になろう! »

2007年9月12日 (水)

責任

 先ほど、ラジオを聞いていたら「安部首相が辞意を表明・・・」と言っていたことにびっくりしました。

 先日、インド洋での給油活動継続の意思を熱く語っていらっしゃったので、「やっぱり安部さんも何か一つは形に残るものをやるんだぁ~」と思って見ていた次第です。

 政治と話はずれてしまうのですが、私の本当に浅はかな勝手な意見を本日は書かせていただきます。

 辞意表明の報道を聞き、まっさきに思ったのは、「総理大臣と言えども、やっぱり会社員なんだなぁ~・・・」と言うことです。(会社員の方を決して悪く言っている訳ではありません(^ ^;))

 私の会社のような超零細企業と言えども(だからこそですかね!?)、社長は、「もう社長やぁめた!」と言って辞めることは出来ません。ウチの会社も小さいながらも30数人の社員がいて、その家族がいて、その方たちが路頭に迷うようなことを、半年、一年だけトップをやってみて、「やっぱり無理だから辞める」と決める訳にはいかないのです。(ちなみに、今年は5人結婚した(する)ので、もっと家族が増えるのでプレッシャーを感じてます)

 総理大臣なんかは、もっと大変です。全国民の期待を一心に背負うのですから・・・。

 もともと、私は、総理が決めたことに反対意見を持ったことがないと思います。

 と言うのも、国民全員の意見を聞いていたら、国を良くする為の政策が何にも出来ないと思っているので、強い意志を持ってやりつづけて欲しいと願っています。

 例えば、前の小泉さんも「郵政民営化」は当初から言っていて5年以上総理をやり続けてやっと達成できたのです。

 スポーツ等の監督もいつも思うのですが、成績が悪いとすぐ退任させられますが、選手を育てて結果が出るのには早くても3~4年くらいはかかるのではないかと思っています。

 ですから、もっと安部首相も誰に何を言われようが強い意志を持って一つのことをやり続けて欲しかったです。

 色んな政策を行おうと、色々言っていたのかも知れませんが、それでも私の脳裏に浮かぶ安部さんの言葉は「美しい国創り内閣」と言う、個人的にはあまり好きではない抽象的な言葉だけです。もっと、具体的な政策一つの事を言いつづけて、そして、実行して欲しかったです。

 ここで、このURLをクリックしてみて下さい!今更ですが、懐かしく思えるランキングです。→http://ranking.goo.ne.jp/ranking/004/koizumi_impact/

 話が色々飛んでしまいましたが、とにかく、私自身も今回の首相退任報道により、改めて考えさせられ、このブログに書くことによって自分にプレッシャーを与えようと思いました。「会社の方針を決めたら、途中で投げ出さずやり続ける!」

 長々と勝手な意見申し訳ございません。

|

« セミナーご案内 | トップページ | 耐震診断士になろう! »

コメント

私と生まれた日・血液(B)型が偶然同じだった、阿部首相が突然の辞任。

昭和29年生まれは、よく魚肉ソーセージを食べさせられました。小学校入学のころは脱脂粉乳のミルクとコッペパンにおかずが1品だったと思います。
木に登っては、柿・イチジク・グミなどを取って食べたことが有りましたよー。弟とは、よくお菓子の取り合いもしました。

そんな事は、間違っても無かったのでしょうねー。
やはりお育ちの良い、総理大臣では無理だったのでしょうね。 庶民の気持ちなんて分かるわけが無いと思っていました。終わり方でも納得できますねー。

投稿: 大木 | 2007年9月12日 (水) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任:

« セミナーご案内 | トップページ | 耐震診断士になろう! »