« | トップページ | ドラマに出てきそうな家 »

2007年5月18日 (金)

 たまたま最近、計数管理というものを勉強する機会があります。しかし、その勉強会の話に出てくる計数関係の単語すら分からない私は、本屋さんに行き、「誰でもわかる!」とか、「会計嫌いが好きになる」とかの言葉に反応し、買った本があります。

 「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか」「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」・・・という本です。私の好きな系統がバレバレですね(^ ^;)

 しかし、これらは本当に面白い!面白いで済ましては全く良くはないのですが・・・

 ベンツの話は、お国の為に治めるお金(納税)と上手く付き合っていく方法、餃子屋とフレンチの話は残るお金は少ないけど沢山売るか、残るお金は多いけど少量売るか(損益分岐点)の話、さおだけやの話は販売方法のあれこれ等トータルでの儲け方と色々教えてくれました。実際、それぞれの本とも、もっと沢山の内容が含まれておりますが、自分として今パッと思いつく所です。

 どれも物語風になっていますので、大変読み易いので、万が一私と同じくらい会計が・・・という方がいらっしゃいましたら、お勧めです(^ ^)

|

« | トップページ | ドラマに出てきそうな家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | ドラマに出てきそうな家 »