« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

しっかりした家

 本日は建て方をやっている現場を見てきました。Dscn2659

 雨の中の作業で大変そうなのに、大工さん達はヒョイヒョイと骨組みの上を歩いていくのに感心しました!かっこ良いです(♯^ ^♯)Dscn2664

 ところで、今日はこんな所にも気を使ってるんだ~と感心した事がありました。それは、梁(柱と柱をつないでいる横に掛かっている骨組み)と梁のつなぎ目、梁と柱のつなぎ目、とにかく隙間ができそうな場所すべてにパッキンみたいな物を貼っていました。百聞は一見にしかず・・・Dscn2669

 もう一つすごい所が、柱と柱の間にパネルをはめ込み、地震に強い頑丈な家になっている所です。Dscn2672 Dscn2675

これらは、スーパーウォール工法と言うものですが、建て方が終わった後、計測器を使って、機密テストまでするそうです。

 機密性にしても耐震性にしても、本当にしっかりした家が完成するのだろうなぁ~と思いました(^ ^)Dscn2679

 また、私のお気に入りのチョウナ仕上げの梁がたくさんありました!Dscn2661 Dscn2680_1  Dscn2681これらは、真っ白の空間に現代風にかっこ良く入ってくる予定だそうです(^ ^)楽しみですね~

Dscn2684 Dscn2685 Dscn2687

 こちらは、安積町の(有)吉成建築様の施工です。大変お洒落なシンプルモダンな家から落ち着く和風の家、そして両方の組み合わせ等々、お施主様の夢を現実にされていらっしゃいます。Dscn2665

←ちなみに、社長みずから現場で頑張っていらっしゃる!

 訂正とお詫び:4/22のブログにて吉成建築様の完成物件のご紹介をさせていただいておりましたが、その中で「タイルと設備の絶妙なバランス」という文章がありましたが、タイルではなく、大理石との事でした。誠に申し訳ございませんm(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

福島県大工業協会

 本日は福島県大工業協会郡山支部の方々と、福島県県中建設事務所建築住宅部の方へ、木造住宅の重要性を報告に行ってまいりました。Dscn2652

 建築住宅部の方々も、環境にとって木材が貢献している事を大変ご理解いただいており、逆に私どもが色々と教えていただきました。Dscn2653

 実際、最近建った県の建物も木造が多くなり(例:農業センター等々)、今後も、県営住宅等も木造建築を視野に入れて行きたいとのお話でした。

 やはり、木造は何といっても二酸化炭素の吸収率が良いので、これからの環境を考えるとお薦めです(^ ^)v

 その後、市役所の建築課へもご挨拶に行きました(名刺を置いてきただけですよ!最近は敏感なので注釈です)。Dscn2654 Dscn2655

 大工業協会郡山支部では、大工さんの技の伝承はもちろんの事、他にも市営保育園へ訪問し、施設内での不具合箇所を伺い、修繕するボランティアを年1回行っております。(簡易的なものに限っておりますが・・・)みなさん、大工業が大好きで、一生懸命がんばっていらっしゃる方々ばかりです(^ ^)

 その後、お昼を朝日の山忠で食べました(^O^)Dscn2658

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

ツボイのみんなを紹介します!②

 前々回の続きです。

Dvc00015_m 左は、「まじめな人」と言う言葉はこの方のためにあるのではないかと言うくらいまじめな、(しかしカラオケ大好き!!)営業の賀沢係長。真ん中は、柔道今でも現役、つねに営業トップ成績永山課長。そして、右側は4/2のブログでも登場、新婚で毎日ウキウキ☆、CAD入力の国分さん。

Dvc00012_m おぉ~っと、一気に酒を飲み込む(実はこの後つぶれた)配送エースと名高い阿部智司くん。

Dvc00013_m 左は、またまた登場、下田さん。そして真ん中は、効率の良い仕事の仕方を発明!?とにかく仕事の手際の良さNO1!工場の原君。右側は、ツボイのさわやか青年代表、何の仕事をやらせても完璧にこなす工場の三浦リーダー。

Dvc00014_m 左は、慎重派だからこそ間違いがほとんど無い!仕事任せて安心、営業の岡部リーダー。

その隣、みんなに愛され、かわいがられ、飲み屋で飲んでると年齢確認されるらしい・・・配送エースのもう一人、金川くん。

Dvc00016_m 左は、荷積みはもちろん、現場の荷卸しも完璧、声のでかさも天下一品!若手配送のあこがれ篠谷さん。右は、今年の3月まで、永大産業さんでツボイ担当していた、木材勉強中の坪井英利専務。

Dvc00017_m 左は、サーファー?!この時期、毎週海へもぐる、遊びもすごいけど仕事もすごい営業の渡辺リーダー。右は、みんなの安らぎ癒し系、彼女がいれば会社は安心、見積もりも安心、みんなのアイドル鈴木さん。

他にも、若干、出席していなかった人もいますが、だいたいこんな感じの会社です(^ ^)v

今後とも宜しくお願いいたしますm(_ _)mDvc00018_m Dvc00020_m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

シラス塗り壁 塗り方体験!

 昨日は、何度かこのブログでもご紹介致しました、「シラス塗り壁塗り方体験教室」へ行ってまいりました!001

 私も一緒にやってみましたが、これがまた難しい!左官屋さんも来ていらっしゃったのですが、見ていると大変簡単そうにやっていたので、腰つきから手つきまでマネをして、練習用の壁へ塗ろうとしたら、「ボトッ!!」と シラス塗り壁が落ちてしまいました(^ ^;)

 体験教室の様子です!(^O^)  006  

041 ←まずは準備運動から

008_2 ←素材を混ぜ合わせます

015_1 017_1 ←材料をもらってまずは練習!

022 024 027_4 なかなか難しそう

047 048 046 子供たちは不思議そう?

031 ←今度は、持ち帰りようのパネルに塗ってます。

051皆さん一生懸命ですね~(^ ^) 053 035 034

 お持ち帰りようのパネルには、手形や模様など、ユーモア溢れる作品が沢山ありました。これを、トイレや玄関などの小スペースに置いていただけると、消臭効果が分かります!部屋全体の消臭でしたら、ぜひとも、部屋の壁を「シラス塗り壁」にして下さいね(^ ^)v

 主催して下さった、(株)丸ウ吉田工務店様、大変楽しい一日誠にありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

ツボイのみんなを紹介します!①

 昨日は、遅ればせながらツボイ新入社員歓迎会でした!

 その時の様子と併せて、ツボイ社員の紹介を二日間かけてご紹介いたします(^ ^)

Dvc00008_m  左から、(昔CMにも出演したこともある!)みんなの人気者、業務課の日下部課長。次の白髪混じりの方は木材の知識は郡山一!と評判の境常務。そして、迎えでピースをしているメガネさんは、今回の主役の一人、日本酒大好き新人の土井さん。そして手前右側は、「いつも電話に出る人って?」とお客様に聞かれますが、この方、ツボイ一切れ者事務の下田さん。

Dvc00009_m 左側は、ユニック車の運転任せて安心佐藤吉三(ヨシミと読みます。ヨシゾウではありません(^O^))さん。右側は、名司会、宴会部長も兼任?!営業部部長の須田部長。

Dvc00010_m 左から、もう一人の主役、お酒の匂いだけでピンクになるが実は酒豪?!新人配送の宗像くん。そして、また宴会部長が登場。須田部長のとなりは、この日飲みすぎて潰れた、プレカット工場久々の新人、期待大!斉藤君。手前右は、雑学ピカイチ☆その知識欲を木材・建材に生かしたら???生かしてる???営業の高橋君。

Dvc00007_m 左は、とにかく頑張り屋さん!妥協を許さずプレカット柱の選別、プロ中のプロ、工場の佐藤国広くん。右側は、いつもニコニコ(^ ^)サラッと仕事をこなす阿部朝幸さん。

Dvc00011_m 左側は、細い体なのに倉庫で荷積みもバリバリ!大工さんのアイドル営業の猪股さん。右側は、容姿端麗、仕事も優秀!責任感も強くて頑張り屋の川名さん。

続きは次回へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

トップ会談!?

 昨日は、岩代にある、丸三木材(株)様ツボイプレカットの見学にいらっしゃいました。Dvc00005_m

 丸三木材様は、製材業から始まり、今ではプレカット加工をメインに稼動されていらっしゃいます。

 月8000坪くらい加工されていらっしゃるとの事で、ツボイの約4倍の能力をもっていらっしゃいます。

 それにもかかわらず、大変熱心で、ツボイの納期管理を勉強されたいと言って下さり、今回見学に来てくださいました。Dvc00002_m

 逆に、私どもも工場作業の効率化や機械導入の仕方等、色々と学ばせていただき、情報交換の場として大変有意義な時間でした。

 本当にありがとうございましたm(_ _)mDvc00001_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

インテリアコーディネーターさんをお探しの方へ・・・

 昨日晩は、福島県インテリアコーディネーター倶楽部の役員会に出席してまいりました。Dvc00061_m_3

村越住建(株)さんの針生にある展示場Photo_31 1_3

 

インテリアコーディネーター倶楽部とは、インテリアコーディネーターの資格を取得し、なおかつインテリアコーディネーターとして活躍されていらっしゃる方々の集まりです。

 目的として、会員同士の情報の交換、技術の向上をはかり、健全な発展、及び親睦を図っております。平成4年から始まっているようですので、15年ぐらい続いているすばらしい会です。

 海外まで視察に行ったり、東京ビックサイトで行われる「インテリアトレンドショー」に皆で勉強に行ったりと、大変活動が活発です。

 いつも、レベルの高いお姉さま方と一緒なので、私は大変緊張します(^ ^;)

 フリーでコーディネーターをされていらっしゃる方も多数いますので、もし、何かご相談がございましたらご連絡下さい。

 また、ご入会希望の方がいらっしゃいましたら、こちらのほうもぜひともご連絡下さったら幸いです!

 詳しくはインテリアコーディネーター倶楽部HPをご覧下さい(^ ^)v

http://fukushima-icclub.com/Dvc00071_m Dvc00060_m_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

体験してみませんか!

 先日もご紹介致しましたが、今週の日曜日に富久山町の岩瀬書店アトリウムにて「シラス塗り壁塗り方体験教室」が開催されます。塗りたい験

 第一回10:00~12:00、第二回16:00~18:00

 子供から大人まで、大変楽しんでもらえるものとなっております。

 このシラス壁とはなんだろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、鹿児島湾にあるシラス台地の火山灰を主成分として塗られる塗り壁です。

 特徴は、①自然素材100%。②シックハウス(アトピーやアレルギー)とは無縁です。③タバコやペットの臭いを消臭します。④部屋を快適な湿度に保ちます。⑤マイナスイオンを放出します。⑥空気清浄機は不要です!   ・・・等々。(参考資料:http://www.takachiho-lifenics.com/satsuma/toku.html

 とにかく体験しながら説明を聞くと、納得いきます。ぜひぜひご体験下さい!

 詳しくは、丸ウ吉田工務店(株)様へ・・・:http://www.maruu.biz/archives/50571023.html

* ちなみに当日私もいます(*^ ^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

安全第一!

こんにちは、土井です。

先日、磐梯熱海のユラックス熱海にて行われた安全大会に行ってきました。

Yurakkusu

余談ですがツボイの先輩社員より早く出発したのに、道に迷って(ツボイからほぼ1本道なのに!?)先輩より10分も遅く着いてしまいました。とほほ。

3時間にわたる大会では、現場事故例の報告や、安全にまつわる講演を聞いたり、危険予測の番組のビデオを観ました。危険予測って建築現場に関わらず、日常生活の中でも自然にやっていることなんですね~。

例えば風邪気味なのに車の運転をしなければならないとき。風邪薬を眠くならないものにするなんていうことも危険予測だということでした。こうした日々の行為をさりげなくやっているにも関わらず、なかなか現場で危険予測をしないのはなぜか?というお話でした。

毎日みんなで声にだして危険予測をすることで、危険を察知する能力も養われるそうです。事故は本当にちょっとした油断やミスで起こるもの。そして一人の努力では防げない危険もいっぱいあります。関係者一丸になって予防していかないといけないのだなぁと、そんなことを考えながら帰宅の途に着きました。

さて。焦るあまり道を間違えて時間ぎりぎりに着いてしまった私ですが、前もって会場までの地図を頭に叩き込んでいたり、ちゃんと納得するまで先輩に道の目印を聞いてから出発するなどすればよかったわけですよね。時間に追われてスピードを出したらあぶないわけですから・・・これも一つの危険予測!?

焦りは禁物・・・急がば回れなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

天然温泉・つつじ園

 昨日は、須賀川市にある「芹沢温泉」へ行ってまいりました!

 とっても良いお湯で気持ち良かったです(^ ^)vDvc00049_m_1

 さすがにお風呂の写真は撮れなかったので、ぜひ行ってみて実感してみて下さい!3歳くらいは若返るかも・・・

 帰りには、大桑原つつじ園へ行きました。Dvc00052_m  Dvc00056_m Dvc00053_m_1

 このつつじ園は、今から約300年前の大桑原の渡辺家が、自分の屋敷の観賞用に移植してあったつつじを増殖したそうです。今では大小約1万株もあるそうです。その中でも最も古い株は江戸錦と呼ばれ、300年を経過しているそうです。すごいですねぇ~Dvc00050_mDvc00051_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

ドラマに出てきそうな家

 本日は西ノ内のイトーヨーカドーの南裏手に完成した、ドラマに出てきそうな家の完成内覧会に行って参りました!01 Photo_25 Photo_26

 外観も大変ステキな家でしたが、中に入ってさらに驚きました(* *)

 家の中にまた屋根があります!Photo_27

 お施主様の奥様が考えたそうですが、そういう発想ができる事にも感心致しました(* *)

 また、キッチンも目をひきましたが、さらに奥様が「ここでお菓子作りをしたり、子供のお友達が来たら、みんなで一緒にクッキーを焼いたりしたいの!」とおっしゃっていた言葉にも夢があり、感動致しました。Photo_28 Dvc00046_m_1

←超美人若奥様!

Photo_29 Photo_30 Dvc00045_m_1

 2Fはお子さんの部屋と言うことでしたが、いずれは仕切っても良いように作ってありましたが、大変かわいいロフトがあり、ハシゴが三つありました。Dvc00044_m

←私はこの時計も気に入りました!

 明日も行っているそうなので、ご興味のある方は、ぜひぜひご覧下さい!Dvc00047_m_1

 施工:大堀建設工業(株)様  現地直通電話 090-7335-1611

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

 たまたま最近、計数管理というものを勉強する機会があります。しかし、その勉強会の話に出てくる計数関係の単語すら分からない私は、本屋さんに行き、「誰でもわかる!」とか、「会計嫌いが好きになる」とかの言葉に反応し、買った本があります。

 「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか」「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」・・・という本です。私の好きな系統がバレバレですね(^ ^;)

 しかし、これらは本当に面白い!面白いで済ましては全く良くはないのですが・・・

 ベンツの話は、お国の為に治めるお金(納税)と上手く付き合っていく方法、餃子屋とフレンチの話は残るお金は少ないけど沢山売るか、残るお金は多いけど少量売るか(損益分岐点)の話、さおだけやの話は販売方法のあれこれ等トータルでの儲け方と色々教えてくれました。実際、それぞれの本とも、もっと沢山の内容が含まれておりますが、自分として今パッと思いつく所です。

 どれも物語風になっていますので、大変読み易いので、万が一私と同じくらい会計が・・・という方がいらっしゃいましたら、お勧めです(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

こんにちわ、土井です。

今朝ツボイに出勤すると、机の上に建築士(5月号)という冊子が置かれていました。

「なんじゃこりゃ」と思いながらも見ると、日本建築士会連合会の会誌でした。どうやら隣の席の境常務が置いた模様。

特集は「建築士と景観まちづくりの取り組み」

ぱらぱらめくってみると、岩手県県南(陸前高田~大船渡)の地域づくりが載っていました。

私事で大変恐縮ですが、この特集で取り上げられている陸前高田市の今泉の蔵通りは、私が2年前の夏をすごした懐かしの場所!!私はその夏、とある経緯によりこの街の一角の蔵の中でお醤油をつくっていたのでした・・・。脳裏によみがえる、むせ返るような熱気と醤油の匂い。そして蔵の街並み!!

この岩手県南部の地域づくりの特集では、この陸前高田の今泉を「大庄屋を中心とした今泉の蔵通りも残っていて、それらは貴重な文化遺産」であると紹介し、自分たちで町並みを守るために活動してきたことが端的に書かれていました。

さて、「地元学」をご存知でしょうか?陸前高田はこの地元学が盛んなことで有名な町です。地元学とは・・・地域の人が(あるいは外部の人も含めて)自分たちの地域のことをもっと知るためにワークショップなどを開き、その土地にある地域資源(人や自然、歴史、景観などなんでも!)を学ぶものです。私は詳しくないのですが、福島にも地元学に取り組んでいるところも結構あるのではないでしょうか。

陸前高田(特に今泉)のすごいところは、地元の景観や祭りをただ人を呼ぶための観光資源として見るのではなく、まず自分たちありきで考えているところです。自分たちが街を愛せば、おのずと人もやってくるという考え方です。私は学生時代、この考え方に大きな影響を受けました。自分の暮らしに根ざしたものを大切にすることが、めぐりめぐって周りの人を大切にすることにもつながりうるのだと思います。形だけの街並み景観保全が多い中で、今泉のような街づくり(地域づくり)も大切ではと思います。

なんだか話がまとまらなくなってきました・・・。今日はこの辺で!!

最後に補足です。私が醤油造りを手伝わせていただいていたのは陸前高田の老舗「八木澤商店」です。ここの醤油は全国のコンテストで金賞をとるなどしていて、どっちの料理ショーにも出ています。ここの醤油はやさしい味がして文句なしに美味い!ので、機会がありましたらぜひ食べてみてください☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

新卒・企業説明会

 本日は福島県立郡山高等技術専門校の企業説明会に参加して参りました。Dscn2572Dscn2570

 一昨年にも参加しましたが、参加企業が大変増えていたような気がします。Dscn2571 

 私どもの会社にも、こちらの郡山校出身が4名、浜校出身が3名の卒業生がおり、大変頑張ってくれています。

 若々しく、フレッシュな学生とお話をさせて頂き、私自身も楽しませてもらいました。今回は、面接とかではなく、企業説明会だったのであえてザックバランに行ってみましたが、学生さんたちはスーツを着て、緊張した面持ちだった気がします。私もそんな時代があったなぁ~と実感いたしました。

 (株)ツボイのブースに来てくださった学生さん、本当にありがとうございました。また、いつもお世話になっている先生方にも感謝いたします。

 帰りに、先生に教えてもらったのですが、体育館入口に立派なスロープが出来ていました。Dscn2567

 これは、昨年度の卒業生の卒業制作らしいのですが、大変上手に出来ておりました。Dscn2568

←ちなみにツボイで納品させてもらった桧です(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

上棟式

こんにちは、土井です!

この間の日曜日に上棟式を見に行ってきました!実は土井は上棟式を見るのが生まれて初めてでして・・・。脇を通りがかったことは何度かあるのですが、最近はそんな機会も減ったような気がします。上棟式って最近では珍しいですよね??

現場は増子工匠さんの手がけてらっしゃるお宅です。

始まるまで少し待っていたのですが、近所の方や子供たちが集まってきて現場はにぎやかでした。それまで吹き荒れていた風も弱まり、五色の旗が揚げられると真っ青な空に映えてとても綺麗でした!!

Dscn2554 式が始まると、男性陣が屋根に登り、屋根の四隅に塩とお酒をまき、大きな槌で叩いていました。これはお清めと・・・どんな意味があるんでしょうか?いわれも分からないまま来てしまいましたが・・・なんだか神妙な気持ちになりました。施主さんいわく、今は上棟式をやらないところも多いけれど、節目節目を大切にする行事が好きだとのこと。初めてながら、私も「いいな~」と思いました。

それらの儀式が終わると餅まきです!近所のご婦人方がエプロンを広げているのを見て、「私もそういう服装でくればよかったな~」とちょっと思いました(あくまでちょっと)。まかれたものは餅と大根、そしてお金です。私はお餅と大根をとったのですが、小銭が包んである紙には「キュウリ5本」とか「お酒」など書いてあって景品と交換できたみたいです。おもしろい!!

しかし、地面に落ちた大根はどうやって食べたらよいものか・・・。考えた末に、薄く皮をむいて煮込んで美味しくいただきました。ちなみにお餅は醤油と海苔でいただきました。

Dscn2566_1

翌日、ツボイのSさんにその話をしたところ、「大根はね、胸焼け(棟焼け)しないように、すりおろしてお餅と食べるのよ」と言われました。

な~るほど!!がってん。ぜひ次回はそうします(いつの話だろう?)。こういう行事についてもっと知りたいなと思った土井でした。

最後に。施主さんと増子工匠さんを始めとしまして、参加させていただき皆様どうもありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

金物工法プレカット

 先週、ツボイプレカットで納めた現場の建て方(家の骨組みを建てていく)を見学して来ました。Photo_21

 こちらは、通常ツボイで納めているプレカット材(家の骨組みである柱や梁を組み立てられるように加工してある木材)と少し違い、仕口(木材と木材の接合部分)の加工を簡単なスリットにし、それにはまるU字型の金物を相手方の部材に取り付けてありました。Photo_22

 「金物工法」と呼ばれるプレカット材での組み立てでしたが、通常大工さんが大きな木槌みたいなものを振りかざして、部材同士の接合を行っていますが、金物工法プレカットでは、大工さんの持ち歩いているかなづちでポンポンと叩くだけでスルッと接合金物がスリットに入っていきます。Photo_23

 大変施工性も良いようです。(大工さんの木槌を振りかざすかっこよい姿が減ってしまうのが残念ですが・・・)

2_3 2階建ての住宅の屋根の部分にあたる3層に上ってみました。大工さんは、120(105)mmぐらいの梁の上をシャンシャンと余裕で歩いていらっしゃいました!私から見ると、どう見ても、綱渡り状態(安全対策はちゃんとされていらっしゃいます)です(* *)すごい!!

 大変勉強になる一日でした。

 ご協力:渡昭建設㈱様 =お客様のご希望の住宅を大変お洒落に、現代風にアレンジして造られていらっしゃいます!また、「ファースの家」工法を採用されていらっしゃる為、一年中風通しのいい高気密・高断熱住宅をご提供されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

銘木展示場!?

 昨日の続きになります(^ ^)

 写真の回答は左から、Dscn1214_1 クワ・Dscn1216_1 ヒノキ・Dscn1220_1 クワ・Dscn1226_1 ヒノキです。

 同じ木なのに、加工が違うと、全く違う木に見えますね(^ ^)/~

 後ろの2枚は、先日上棟をした現場で実際に柱として使われている木です。Dscn1224

 こちらの物件は、土台は栗の4寸(12cm)角、柱はオール桧(床柱等一部除く)、梁・桁はとっても頑丈そうなを使用していました。また、玄関やダイニング、和室等に見えてくる柱は、私にはかかえきれないぐらいの太い(おそらく8寸ぐらいあったように思います)がふんだんに使われており、梁・桁は、7~8mくらいある長ぁ~い長ぁ~い杉を一本で通して使っていました。とにかく、一本も同じ木と見えるものが無いと言って良いほど、材質・形状が異なる材料だらけで、銘木展示場のようでした!Dscn1227 Dscn1221

 

 こちらの物件は本宮市にあるクリエートハウス福島(株)様の施工でして、場所は日和田ニュータウン、セブンイレブンの信号を右に曲がって100Mくらいにあります。ぜひ、ご興味のある方はご覧下さい(^ ^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

木の種類

 昨日は、色々な木の柱を見てきました。

Dscn1212 ←これで運ばなくては運べないくらいの丸太もありました!

  クイズ:これDscn1214_2らの木Dscn1216_2は何でしょう!? Dscn1220回答は明日!Dscn1226

 Dscn1215   

←初登場!ツボイ新人土井さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

続・製材所さん見学

こんにちは、昨日の日誌からバトンタッチされた土井です。

引き続き、栃木県鹿沼市におけるツボイの一日を紹介します。

郡山もそうだったと思うのですが、栃木も暑いぐらいのいいお天気でした。鹿沼に着くと、西村材木店さんの西村さんが迎えてくださいました。

西村さんの案内でバスで山道を登っていくこと約40分。北見林業さんの社長さんのご自宅に到着です。

ともかく広い!そして何よりも・・・使っている木材が凄い!!お庭も凄い!!

Dscn1149

Dscn1141_1

はっきり言って私のような初心者には先輩方の10分の1もその凄さが理解できていないと思うのですが、それでも「おおっ!」と驚くことばかりでした。

たとえば長~い廊下で、端から端まで一枚の板を使っているんですよ~!立木のときはどれだけ大きな木だったんでしょうね。

はっきり言って、2度とは建てられない家だそうです。これだけの木材はなかなかそろわないんですね。さすが林家のお宅です!

そしてこのお宅は景色も素晴らしいのでした。

Dscn1153_1

日本人が皆こんなのびのびとしたお家に住めたら、社会問題もいっきにいろいろ解決してしまうのでは・・・と、よく分からないことを思ってしまうほど快適なお家でした。やっぱり木のお家はいいです!

さて、余談です。今まで知りませんでしたが、ここ鹿沼は蕎麦の産地だそうです。お昼は蕎麦と山菜の天ぷら、山女の塩焼きをいただきました。ごちそうさまでした。蕎麦好きの方は鹿沼にぜひ行ってみてください。

Dscn1167_2 ←蕎麦どころ。山奥なのに結構お客さんが入ってました。

午後は栃木ダボ製作所さんを見学させていただきました。ツボイにあるのとはまた違ったプレカットの機械で、木材が丸く切られたりしていました。まるで日常生活の裏側を見ているようでした! ←ここで作られている製品はとても多くて、ここには書ききれません。

Dscn1189_2

そして最後は西村材木店さんです。

西村材木店さんを見学して思ったことは、森から家までつながっているのだということです。なかなかそのことに思いをはせる機会はありませんが、いろんなことがつながっているのだと思うとわくわくします。

Dscn1203 ←どんどん丸太が製材されていきます。

Dscn1201←木を見定める某ツボイの社員。

さて、長くなりましたが最後に。今回、北見林業さんにお邪魔したときに「森林認証」という言葉がでてきました。北見林業さんは森林認証を取得なさっているのです。これは北見さんの言葉をお借りすると「究極のトレーサビリティー(追跡可能システム)」です。

いずれきつつき日誌でも、この「森林認証ってなんぞや?」ということについて紹介できたらいいなと思っています。こう・・・ご期待??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

製材所さん見学

 今日は、森林の状態から私どもの会社みたいな材木屋さんに出荷する状態までの流れを栃木県鹿沼市にある西村製材所さんへ、勉強に行ってきました。Dscn1196

 

 まずは、西村さんのような製材所さんが仕入れをしてくる山主さん((有)高見林業さん)へ見学へ行って来ました。Dscn1175 Dscn1161

 

 丸太がゴロゴロとあり、山主さんは木に皮のついた状態でこの木の節のあるなしや木の価値等を見分けるとの事でした。すごい(* *)

 今回はサワリ程度にしまして明日、ツボイのフレッシュ土井さん(ちなみに彼女は大学で林業の勉強もしたらしく、かなり興奮していました)へバトンタッチ致します!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

庭の草木に溶け込む家

こんにちわ、土井です。

季節はすっかり初夏ですね!今日は汗ばむほど暖かかったですね~。ツボイの人たちも、お昼過ぎたあたりから半袖になる人が続出でした。

さて、昨日と今日は神秘的なたたずまいの現場にお邪魔しました。

 樽川技建さん(郡山市台新(4号バイパス沿い))の施工現場でした。樽川さんのお宅を拝見するのは初めてだったのですが・・・どのお宅も庭の草木に溶け込むような印象を受けました!!庭いじり好きの私としては、庭木に馴染むような風合いで建てられたたたずまいがたまりません。

一軒目にお邪魔したお宅は改築工事中だったのですが、改築前から使っていたステキな建具や天井、窓枠等を修繕して利用したりしていました。Dscn1106 Dscn1104

すべてを新しいものにするのではなく、使えるものは引き続き使っていくというのは、その家に物語があるようでステキですね。

こちらはお風呂で、無節(節の無い)桧貼りのお風呂になるそうです→Dscn1103

Dscn1108

もう一つのお宅はもう人が住んでいらしたのですが、「見学させてください」と言ったら快く見させてくださいました(・・・本当にありがとうございました!)。そこは風通しのよいところに建てられており、広い畑と雑木林があるお宅でした。Dscn1111_1 Dscn1114_3

住んでらっしゃるご夫婦と少しお話をしたのですが、とてもそのお宅を気に入ってらっしゃるのが伝わってきました。きっとこのお家は長く愛されるのだろうなと思うと、見ているこちらも嬉しくなります。Dscn1112

現場から帰ってきてから、その土地に似合った家というものについて考えました。その土地の雰囲気に馴染んだ家であるということは、家を建てる上でとても重要な要素だなと思います。今日も一日とても勉強になりました。Dscn1115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

ロハスの風

 先日、読売新聞の企画連載で、「ロハスの風」という記事があるのを知りました。

 ロハス?という言葉自体、初めて聞いたので何だろう??と思いましたが記事の下の方に「ロハスとは、健康で持続可能な生活スタイル」との注釈がありました。なんか、スーッと心に入ってくる言葉のような気がしますね(^ ^)

 「ロハスの風」は第一部(2007年1/1~1/15)、第二部(2007年4/30~)の構成になっておりますが、5月1日の記事に田村市船引町の丸ウ吉田工務店様が掲載されていらっしゃいました!Photo_20

 吉田工務店様は鹿児島県の火山灰を素材にした建築材料「シラス壁」を使用した住宅を建築されていらっしゃいます。住宅の気密性が高くなっている最近の住宅には、この「シラス壁」の様な湿度を調整したり、有害物質を吸ったりする健康に良い壁はお勧めかと思います(^ ^)

 ぜひぜひご覧下さい(^ ^)→http://www.maruu.biz/archives/50582374.html

 また、この健康シラス壁塗り方体験教室が、(郡山市冨久山町)岩瀬書店アトリウムにて5/27(日)に開催されるそうです。1回目10:00~12:00、2回目16:00~18:00の予定ですが、いつも大人気なので、お早めにご予約されることをお勧め致します。(また、13:00~15:30にはファイナンシャルプランナーさんの相談会も同時開催されるそうです)

 こちらも詳しくは→http://www.maruu.biz/archives/50571023.html

 健康で持続可能な生活スタイル=ロハス!! 心が豊かになったような気がして、得した気分にさせて頂いた記事でした(^ ^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ちょっと考えたこと

 連休も最終日になってしまいました!

 ぐうたら生活から戻さねば・・・と思いつつ、やっぱり朝は目覚ましを止めて二度寝してしまいました。。。(^ ^;)

 連休が長いといつも思ってしまうのは、「なかなか仕事がある生活も良いものだな~」という事です。

 休みが無い時は、休みがあればな~と思うことがあったりするかもしれません。また、休みがあっても、日常やりたかった事をひとどおり終えてしまうと、その後テレビを見たり本を読んだり、スポーツをしたりの繰り返しになります。それはそれで楽しいのですが、(これは私だけかもしれませんが)お金ばっかり出ていってその後の生活が不安になってきたり、いつも仕事の時に味わっているドキドキ感?がもの足りなかったり、何となく空しくなってきます。

 多分人間は(私は)、無いものねだりなんですね。

 休みが無ければ休みが欲しいと思うし、仕事が無ければ仕事があったほうがいいと思うし。

 一般的に、休みの日にやることって「好きなこと」ではないですか?趣味だったり、寝ることだったり、家庭サービス(?)だったり。

 けれど、その「好きなこと」の区分を変えて考えるのが得策!と持論ですが思っております。

 いつもツボイの社員さんには言うのですが、「一日24時間、単純に3つに分けて8時間づつ。1つ目の8時間は睡眠。2つ目の8時間は生活に必要な時間(これは少し削られているかも)。そして3つ目の8時間は仕事。働いている40年くらいの人生、三分の一は仕事の時間。どうせやらなきゃならないのだから、好きなこと(仕事)をやったほうが良くない?」と。

 この「好きなこと」とは、動物が生活する為にもっている「欲」以上に、人間だけ(一概にそうも言えないですが)が持っている感情の部分を刺激するものの一つに値するかと思います。達成感や充実感、感動を得たりすることです。

 ですから、仕事も達成感や充実感、感動を得られるものにしていったほうが、「好きなこと」になっていく。

 その方がこれからの人生、ハッピー!かと思ったりします。どうせやらなきゃならないんだから、好きなことをやりましょう!今、あんまり好きじゃなかったら少しでも好きなところから本気で取り組んでみましょう!そうしたら、少し開けてくるかもしれない。

 ・・・・・・・・・・・・・と自分に言い聞かせております。

 すみません。長々とくだらない持論を書いてしまって。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »