« 他県の販売店見学 | トップページ | 木材と防火① »

2007年4月 9日 (月)

違法伐採問題

<違法伐採の問題>

 違法伐採(それぞれの国の法令に違反して行われる森林の伐採)問題が注目を集めています。

 海外で行われている違法伐採が、世界規模での森林の減少・劣化の原因の一つになっているからです。

 違法伐採はそればかりでなく、違法に伐採された安い木材が輸入されると、日本のような木材輸入国にとって国の林業・木材産業にも悪影響を与えると言われています。

 日本の木材消費量の約8割は輸入材ですから、まさに人ごとではありません。

<政府の対策>

 このため、政府は18年4月から、政府調達の対象となる木材・木材製品について、合法性などが証明されたものを購入することにしました。

 政府が率先して購入するということは、国民にも合法性(森林関係の法令において、合法的に伐採された木材であること)が証明された木材・木材製品を積極的に買ってもらうことを期待するものです。

<業界団体の取り組みと合法性の証明>

 こうした決定に対応するため、森林・林業・木材関係団体では自らの行動規範をつくり、木材・木材製品の合法性を証明しようとする会員事業者を支援することにしています。

|

« 他県の販売店見学 | トップページ | 木材と防火① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違法伐採問題:

« 他県の販売店見学 | トップページ | 木材と防火① »