« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

ツボイのプレカット工場

こんにちわ。今日はツボイのプレカットについて紹介します。

ツボイは本社とプレカット事業部の2つに分かれています。敷地は隣同士なんですけどね。

私(土井)は普段、本社の事務所にいまして、プレカットの工場に入ることはなかなかありません。今日は取材と題して(と言いつつ写真を撮ってきただけですけどね!)、久しぶりに工場に行ってきました。

Photo_14

←さて、工場に入ってすぐのところに大量の木材が・・・。これが加工されるのでしょうか?

遠くに見えるのがプレカットの機械です。↓

Photo_17                                                                                   

加工されてこんな形になりました。↓

Photo_16     

私の携帯のカメラではその魅力はお伝えしきれませんが、機械で木材が刻まれていく姿は迫力満点です。

こうして刻まれた木材たちは、家になる日を待っているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

家の値段表示の仕方

 昨日、ある工務店様の社長様と一緒に「福島家作りの本」を見ており、勉強になった事がありました。

 住宅の値段の表示の仕方です。

 坪単価○○.○万円と言う書き方ですが、これは確かに一見比較しやすいのですが、その内容はマチマチで、カーテンや照明器具まで入ってる値段もあれば、そういったものはもちろん別途で、なおかつ水道引き込みや電気取り込み費までも含まれず表示されている会社さんもあるようです。

 どちらも間違いではないのですが・・・

 某会社様はかなり安い坪単価で表記されていらっしゃいますが、下記のものは含まれていない値段だそうです。

 家具工事費・カーテン工事費・照明器具工事費・外構工事費・造園工事費・仮設工事費・屋外給排水設備工事費・水道引き込み負担金・電気取り込み工事費・冷暖房工事費・解体工事費・設計、管理料

 皆様のお知り合いの工務店様は上記の費用は含まれていらっしゃいますか?建てられる場所によっても値段が変わってきてしまうものもあると思うので、含まれていないものもあるかと思います。他にも2Fトイレはオプションだったり(私の知っている工務店様は皆さん当たり前のようについています)、基礎の部分が簡易的だったりと本当にマチマチです。

 そこで、どこを基準にすべきか考えていくと、「生活できる家」の値段で比べるのが良いのかと思います。

 これから住宅の購入を考えていらっしゃる方、何かご相談がございましたら、何なりとご質問下さい(^ ^)Dvc00035_m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

頭が痛い・・・(^ ^;)

 昨日は、「計数管理に強い販売店になろう」という題目の勉強会に行ってまいりました。

 正直、私は数字に弱い・・・と言うか拒否反応を起こしてしまう為、少しでも興味を持てたら・・・・と思い、参加しております。

 このブログを読んでくださる方にも経営者の方々がいらっしゃるかと思いますが、皆様はやはり数字の管理までされていらっしゃいますよね?!

 私は数字より行動!!と思ってしまっていましたが、今回勉強するにあたり、計数管理の大切さを学んでいると実感します。勉強していくうちに、計数管理をしっかりやった方が、行動するにも余計な寄り道をしないで、集中して効率よく経営できるんだなぁ~と思いました。

 貸借対照表・損益計算書は、自社の弱いところと得意なところが明確になります。例えば、学校の成績表と同じで、不得意な教科が分かれば得意にするよう集中して勉強します。それと同じで、計数管理をする事によって、選択と集中ができるのだな~と実感しました。(偉そうな事言っていますが、まだまだ全く分かっておりませんが・・・)

 何か、計数管理について分かりやすい情報がございましたらお教え下さい(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

柳沼工匠さんに行ってきました!

こんにちわ、土井です。昨日は柳沼工匠さんの現場にお邪魔しました。

私が柳沼工匠さんの現場を拝見するのは、今回が初めてだったのですが、ここのお宅はなんとほとんど国産材をつかっているそうです。

地産地消という言葉を耳にすることが多くなりましたが、最近は「住まいの地産地消」もあるみたいです。できるだけ地元のもので家を建てることが、その土地の風土に合った快適な家をつくるだけでなく、荒れた森を再生させて地域を活性化させるという考え方ですね。

しかも柳沼工匠さんの建物は、プレカットではなく大工さんの手刻みの木材をつかっているところが特徴的です。

手刻みだけではできない部分と、プレカットだけではできない部分と、どちらもあるんだな~と思った次第です。きっと両方のバランスが大事ってことですね。さて、余談ですがヘルメットをかぶって屋根にのぼらせて頂いた私でしたが・・・・・・高所恐怖症で大工さんには全く向いていないという現実に気付きました。嗚呼。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

すぐ読んでください!

 ギリギリになってしまったのですが、本日10:00~16:00、大槻町で「完成見学会」が開催されております。 Dvc00034_mDvc00033_m_1

シンプルな外回り!

 中は、タイルと設備機器の絶妙なバランス!Dvc00030_m Dvc00032_m Dvc00031_m

 すっごいかっこ良いです(^ ^)/~

 お施主様が20代と言うこともあり、若々しい設計だなぁ~と思います。

 また、こちらの物件は「スーパーウォール工法」での建築な為、高気密・高断熱となっており、昨日来られたお客様は口を揃えて「暖かいですね~・・・」とおっしゃって下さいました。本日は16:00まで行っておりますので、ぜひとも体感してみて下さい!

 * 開催場所・連絡先 *  

吉成建築様HP http://www.d-yoshinari.com/news/topic.cgi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

守山の柳沼材木店さん

新入社員の土井です。今日の日誌は私が担当させていただきます。

数日前の話ですが、守山の柳沼材木店さんにお邪魔しました。

Dscn1078 ツボイの先輩たちがお仕事の話をしている脇で、私は大工さんたちが作業しているところを見学させてもらってました(私も早くお仕事の話が分かるようにならねばとは思うのですが・・・)。

ツボイのホームページにもあるように、プレカットというのは木材をコンピューター制御した機械で加工して現場で組み立てるものです。でも昔はこの加工をすべて手刻み(手作業)でやっていたのだそうです。

プレカットのおかげで大幅な「時間短縮、コスト削減」が可能になったわけですが、やはり機械ではマネできない、職人さんの技術というものが今もあるわけです。超かっこいいです。

Dscn1070

写真は墨付けをしているところです。職人さんってステキだな~と思いながら、私もそういう技術を見る目のある営業マンになりたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

福島県インテリアコーディネーター倶楽部

Dscn1079  昨日は福島県インテリアコーディネーター倶楽部の勉強会に参加して参りました。こちらの会は、インテリアコーディネーターの資格を持った方々の集まりです。インテリアコーディネーターとは、ハウスメーカーさん、ビルダーさん、工務店さん等がカーテンや壁紙、照明等をお施主様に提案する際に、その専門家として使いやすく、効率的に、そしてセンス良くコーディネートする人の事です。

 

Dscn1080 

 昨日は福島県立美術館へ、日本磁器の最高峰である「鍋島」を見に行って参りました。

Dscn1083Photo_8 鍋島焼は、三代将軍家光のときに、中国磁器に代わる献上磁器として生まれましたが、鍋島焼初期はやはり、中国文化の特色が出ているような気がします。Photo_9

 八代将軍吉宗の時代は幕府財政立て直しの為、徹底した倹約令を出し、贅沢を禁じました。その影響で鍋島焼も色数の多いものは禁じられ、染め付青磁が主となったそうです。Photo_10

 鍋島焼を時代の流れとともに見ていくと、やはりその背景にあるのはその時の社会文化のような気がします。

 インテリアを提案していく上で、時代背景を考えながらコーディネーしてみるのも一つの手かな~・・・と思いました。

* 福島県インテリアコーディネーター倶楽部 ホームページもぜひご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

家が建つ前に・・・

 先週、ツボイのプレカット材(家の骨組みである柱や梁を組み立てる為に加工した木材)を納品した現場へ行って参りました。Dscn1031_1

 住宅の根っこにあたる基礎の上に、土台 (家が箱だとしたら、一番下の枠にあたる部分)が乗っている状態でした。

 完成した現場等は展示場等で見る機会はあるかと思いますが、なかなかこの状態で見学する機会は少ないかと思います。Dscn1032_1 Dscn1036_2 Dscn1029_2

 こちらのお宅は桧の4寸角(120x120)の土台を使用されておりました。基本的に匂いの強い「ヒノキ」や「ヒバ」等はシロアリ等の虫もこの匂いのお陰でつきにくく、土台には最適の様です。あとは腐るのを防ぐ薬品につけた防腐材や、栗のように硬い木等も土台には使用されます。

<ミニ知識> 値段的には 米栂防腐土台 < 米ヒバ < ヒノキ < 栗  (参考です)

 出来上がりには見えなくなる部分でありますが、家のすべての重量を支える部分です。また、建ててから簡単に変える事は出来ません。こういった部分から厳選していく事をお勧め致します。Dscn1034_1 Dscn1033_1 Dscn1030_1

* 現場提供:(有)スクモダ建設様       須賀川市大字森宿字安積田70-13 TEL 024-875-2638 FAX 024-872-5603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

自然の中心に自然の家

 今日は小野町の自然の中心に自然に溶け込んだ家という感じの現場に行って参りました!Dvc00028_m Dvc00029_m

 まだ、製作中でしたが、入った瞬間に「木の良い香り」に飛び込んだ気がしましたDvc00021_m!!Dvc00022_m_1 ホント吸えば吸うほど健康になる気がします(^ ^)v

 一見平屋のような造りなのですが、大人一人が立てる位の屋根裏部屋もあり、とってもステキな家でした(^ ^)Dvc00025_m

 こちらは、小野町の草野工務店様の現場です。草野工務店様は、建築業はもちろんの事、「きこりの広場」というお店を開き、かわいい木工家具小物の販売もされております。

 現場が完成次第、完成見学会を開催されるとの事でしたので、ご興味のある方は、草野工務店様のきこりの広場HP、もしくは私どもツボイにお問い合わせ下さい(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

最新技術の歯医者さん

 昨日、桜木と並木の境目あたりにある(郡山五中北西)「ヒカリ歯科クリニック」さんの内覧会に行ってまいりました。Dvc00064_m Dvc00065_mこちらの建物は、方八町にある(株)佐藤工業様の施工です。ひかり院長先生、(株)佐藤工業様の奥様は御二人とも横浜市ご出身という事もあり、「治療にいらっしゃるお客様の為に・・・」をモットーに関東まで、最新技術はもちろんの事、建物や内装までこだわって勉強されていらっしゃいました。(ちなみにツボイでも沢山納品させて頂き、大変勉強になった物件でした。ありがとうございましたm(_ _)m)

 中に入ると院長先生自ら迎えて下さいました!Dvc00066_m_1

 今の歯医者さんってすごいですね~・・・。Dvc00067_m Dvc00069_mパソコンの画像で自分の歯の様子が見れるそうです(*O*)

 虫歯治療はもちろんのこと、ホワイトニングまでしていただけるとの事でした。とっても綺麗なクリニックな上、女性スタッフのみとの事で、何となく美容院に行った気分になります(^ ^)

Dvc00070_m キッズルームも完備してあり、小さいお子様と一緒の方も安心してご来院して頂けます。

 正式オープンは4/19との事ですが本日から予約受付はしているとの事でしたのでした(^ ^)

ヒカリ歯科クリニック ◎診療科目◎ 一般歯科・小児歯科・口腔外科

TEL 024-983-3101 郡山市並木1丁目21-117 *日曜・祝日・水曜午後休診

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

構造見学会!in 棚倉

まず初めに自己紹介を。

4月からツボイに入社しました土井です。今日のブログは私が担当させていただきます。新入社員の私は知らないことばかりで、毎日が「ほ~!」驚くことの連続です。「住」って奥が深いですね!これからよろしくお願いいたします!

さて、今日は桜咲き誇る棚倉町に行ってきました。目的は吉成建築さんの「構造見学会」を見させていただくためです。Dscn1060

さて「構造見学会」・・・とはなんぞや?と思っていた私ですが

Dscn1052

写真のように家はまだ完成ではなくて、中の木、つまり構造が見える見学会だったのでした。このお宅はスーパーウォールと呼ばれる、面で家を支える壁を使っていました。耐震で断熱にも優れているそうです。

Dscn1053 Dscn1054

また、この建物は非常にユニークな形をしていました。Dscn1059

写真ではわかりづらいかもしれませんね。・・・明日も見学会は開催中なのでぜひ見にいってください。とても遊び心いっぱいのお宅です。(いっぱい道案内看板が出てるので分かりやすいと思います)詳しくは吉成建築さんのHPをご覧下さい。

吉成社長が、人を喜ばせる」気持ちがものづくりには絶対不可欠、とおっしゃっていたことがとても印象に残りました。その話の中で次の世代のことも考えて行かなければならないとも教えて頂き、そういうこともゆくゆくは考えていけたらいいな、と思いました。

さて吉成建築さんの展示会はまた別の会場で行われます!

Dscn1064

こんな現場です。4月21日、22日(来週の土日です。詳しいことは吉成建築さんのHPからお問い合わせください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全大会

 本日は、社内で安全大会を行いました。Dscn1040

 講師の先生にRSTトレーナーの木村先生をお呼び致しました。Dscn1045

 事故は「自分の責任」と私たちに意識づけ、大切な家族や仲間たちが悲しむことの無い様に心がけると熱くお話をして頂きました。Dscn1041

 また、社内で必ず決まった掛け声を決めるように!とおっしゃっており、確かに「1・2・3!」の掛け声で材料を降ろす人、「1・2・3・ハイ!」で降ろす人、バラバラだと手を挟んだりするような怪我になるなぁ・・・と思いました。Dscn1044

 また、車の運転やリフトの運転、材料の置き方等、沢山指摘をして頂き、自分たちが今まで何の気も無く思っていたことだった為、ハッとさせられ、やはり社外の方に安全の事を講習していただくことは本当に良いことだと実感いたしました。

 木村先生、懇切丁寧に本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

沖縄気分(^ ^)v 体感ハウス

 本日は、沖縄気分に浸れ、なおかつ自然素材に囲まれ身も心も綺麗になれる体感ハウスをご紹介致します。 027_3

中に入ってみましょう!028

まずは2Fへ!!013 003

隠れ家みたい!?017 020

実はこだわり?023

よく、ここで杯を交わしながら語り合うそうです(^ ^)

さて、さて、次は自然素材にこだわった1Fへ(2Fも自然素材を使っています)戻りましょう。012_1 011_2 010_1008_1 009 025

壁は「幻の漆喰」と言うもので自然の空気清浄機です!

 

実はこちら、安積町にある吉成建築様の体感ハウスです029_2 027_2 030 (^ ^)

沖縄好きなあなた!沖縄に行ってみたいあなた!ぜひぜひ体感してみて下さいねo(^ ^)o

P.S  ブログにてご紹介工務店様を募集しております!自社のこだわり・特徴・施工例・・・etc ご紹介をしても宜しい工務店様はお気軽にコメントお入れ下さい!取材に伺います(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

福島市 片岡鶴太郎美術庭園

 今日は、福島市飯坂にある片岡鶴太郎美術庭園へ行ってまいりました。

Dvc00061_m_2 こちらは、安斎建設(株)様の施工で、福島県の建築文化賞を受賞されたとの事です!

本日は、美術館は休館日だったので中に入る事は出来ませんでしたが、敷地内でお隣にある「吉兆松屋」さんへ行ってまいりました。(実はこちらの物件の骨組みはツボイプレカットで加工させて頂きました!)

Dvc00060_m_2 お店の方はとても親切で、「栗もなか」を試食させて頂き、またおいしいお茶まで入れてくださいました(^O^)

Dvc00057_m_1 Dvc00053_m Dvc00058_m_1

 こちらの骨組みである「梁材」は、「チョウナ仕上げ」と言う、最近ではこの加工を出来る職人さんが少ない言われるほどの貴重な加工をしております。

 中にいるとホッとでき、また飽きのこない建物ですので、ぜひ一度はご覧下さい(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

木材と防火①

 木材は鉄やコンクリートより火に強いことはご存知でしょうか?しかし、いくら火に強いと言えども、限度があります。そこで、今回は建築基準法に定められている耐火基準をご説明したいと思います。

木材と防火①

 大規模な建築物や不特定又は多数の人が利用する建築物では、火災が発生した場合、人命への危険性や周辺へ被害が広がる可能性が高くなります。

 建築基準法では、このような建築物に対して火災により建築物が倒壊することがないように、火災に対する措置を施さないまま木造などで建築することを制限し、地域等に応じて耐火建築物又は準耐火建築物としなければならないと規定しています。

 <耐火建築物> 耐火建築物とは、主要構造部(家の骨組み、基礎となる部分)が、火に耐えられる構造であるものや、火災が終了するまで耐えられることが確認(耐火性能検証法などで)されたものの事を言います。また、外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火扉などを付けている建築物の事を言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

違法伐採問題

<違法伐採の問題>

 違法伐採(それぞれの国の法令に違反して行われる森林の伐採)問題が注目を集めています。

 海外で行われている違法伐採が、世界規模での森林の減少・劣化の原因の一つになっているからです。

 違法伐採はそればかりでなく、違法に伐採された安い木材が輸入されると、日本のような木材輸入国にとって国の林業・木材産業にも悪影響を与えると言われています。

 日本の木材消費量の約8割は輸入材ですから、まさに人ごとではありません。

<政府の対策>

 このため、政府は18年4月から、政府調達の対象となる木材・木材製品について、合法性などが証明されたものを購入することにしました。

 政府が率先して購入するということは、国民にも合法性(森林関係の法令において、合法的に伐採された木材であること)が証明された木材・木材製品を積極的に買ってもらうことを期待するものです。

<業界団体の取り組みと合法性の証明>

 こうした決定に対応するため、森林・林業・木材関係団体では自らの行動規範をつくり、木材・木材製品の合法性を証明しようとする会員事業者を支援することにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

他県の販売店見学

Dvc00045_m

昨日、長崎県にある「株式会社クロダ」さんへ、ショールーム見学、会社見学へ行って参りました。

Dvc00047_m

Dvc00046_m

 ショールームの方は、キッチンやシステムバス等の水廻り商品、外壁材やカーテン、屋根材も家を建てるのに必要なアイテムすべてが揃っていました。

目的としては、工務店様がお施主様を連れて打ち合わせの場所として使用してもらうとの事で作ったそうです。

 現物を見ながらの方が、お施主様もイメージが沸くと思いますし、間違いも少なくなって良いですよね。

 また、仕様が決まったお施主様により実物に近い形でバーチャル画像を見れるようにもなっておりました。Dvc00049_m

これもすごい!!

とにかく、お客様の為・・・との精神から生まれている発想です。

クロダ様の本社に伺えば、皆様が立ち上がって挨拶までして下さり、社員教育も完璧でした。

 長崎県も住宅の需要が減っているというのに、全くその影響を受けずに活動されている理由が分かり、脱帽でした。

 私たちも一段と言い訳ばかり言っていられない!と決心した次第であります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

木材は健康にも良い!?

 木材の効用について先日から調べていたら、自分なりにハマってしまいましたので、またご紹介致します(^ ^;)

 <木材の健康面からみた魅力>

 木材には、①断熱性が高く、独特の温もりがある、②湿度を調節する作用がある、③衝撃を緩和させる作用がある、④目にやさしい、⑤ダニを抑制する、⑥適度に吸音するなどの特長があります。

 また、マウスを使った実験によると、木でできた飼育箱で飼ったマウスの方が、金属やコンクリートの飼育箱で飼ったマウスより長生きでき、よく成長するという結果が出ています。

 健康にも良い木造住宅をまたまたお勧め致します(^ ^)/~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

木材は地球温暖化防止!?

 今シーズンの冬は暖かかったですね。さすがにここまで暖かいと「地球温暖化」を実感します。

 そこで、木材が地球温暖化防止に役立っていないかを調べてみました。

 我が国の森林資源は、1千万haを超える人工林を中心に、毎年7千万㎥増加しています。きちんと管理された森林から得られる木材を利用することによって、森林は再生し、再び質の良い木材を生産することができます。しかも、木材は製造加工する時のエネルギー消費が少なくてすみます。

<木の家は第二の森林> 森林は大気中から二酸化炭素(炭素)を取り込みます。→木は木材となっても炭素を閉じ込めたままです。→その木材で家を建てることによって、まちは第二の森林になります。

 ぜひとも、環境に、人体にやさしい木材での住宅をお勧め致します(^ ^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

結婚式

昨日4月1日は、ツボイ社員・国分幹夫さんと元ツボイ社員の大和田洋子さんの結婚式でした!Dvc00037_m

 社内結婚は私どもの会社ではめずらしい?!ので、本当にうれしく思っております。

 国分さんは、いつもは感情を表にあまり出さないタイプなのですが、昨日は終始「満面の笑み」で、大和田さんはいつもの美人な顔がさらに「幸せの笑み」で一段と綺麗でした!!

お二人ともおめでとうございます!!!!

ツボイ社員の演出もなかなかのもので、Dvc00024_m

まずは、二人の直属の上司である力丸部長の「結婚前は両目でしっかり見、結婚後は片目で相手を見る」とのすばらしく役に立つお言葉の音頭で始まり、その後、社員三浦・高橋の名漫才コンビDvc00033_m

が、「いつ練習していたの!?」と皆を驚かせ、笑わせ、今日の朝礼でもう一度見たい!!とアンコールが出るほどの漫才をご披露していました。

ツボイのお客様も駆けつけて下さったり、祝電を頂いたり、本当にありがとうございました。

幹夫さん、洋子さん、お幸せに(^ ^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »