2018年6月15日 (金)

福島県インテリアコーディネータークラブ

 
ビックパレットふくしまで行われました。
Photo
 
 
福島県全域のインテリアコーディネーターさんが集結し、 
 
 
総会も滞りなく行われ、
 
 
その後、セミナーに移行しました。
 
 
セミナーでは、
 
 
(株)ツボイでも納材をさせて頂いている、
 
 
LifeStyle工房さんの安齋社長様のご講演で、
時々、納材させて頂いた現場の写真が出て、
 
懐かしんでいました(#^.^#)Photo_2
 
 
ご講演では、ペットボトルの形が、
 
何故、それぞれの商品によって違うのか?
 
 
と言う、不思議な話から始まり、
 
 
行きつくところは、安斎社長のモットーでもある、
 
「お困りごとをデザインで解決する」と言う考え方に、
 
結びつくのでは?と考えさせられるご講演でした。
 
 
 
不思議な建築を考えられる安斎社長なので、
 
講演も、不思議な公演をされるかと、
 
身構えをしておりましたが、
 
意外にも、とても分かりやすく、楽しい、あっという間のセミナーでした(#^.^#)
 
 
福島県インテリアコーディネータークラブに入会すると、
このように、大変勉強になる時間を得られます! 
 
こちらのHPをご覧ください(^o^)/→ http://fukushima-icclub.com/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

ふく射波から放射する冷暖房システム

先日、共立エアテックさんの宮城営業所に、
 
「ふく射波から放射する冷暖房システム」の移動車がやってくるぞ!
 
 
とウワサを聞きつけ、 
 
実物を見てきました。Dsc_0945
 
 
共立エアテックさんと言うと、
 
空調・防火ダンパーの専門メーカーさんでして、
 
ビル空調の日本シェアNO1!
 
その会社さんが、住宅の冷暖房システムにまで、
 
参入されていたという事にもビックリではありました。Dsc_0947
 
 
見に行った日は、
 
仙台市内も29℃と暑かったため、
 
移動車の中に入った瞬間にひんやり(#^.^#)
 
 
それも、エアコンのような音や風がなく、
 
本当に自然な涼しさでした。
 
 
パネルも樹脂製と言うのが特徴でして、
 
錆びることがなく、長持ちするそうです。Dsc_0946
 
 
遥々、福岡ナンバーの移動車だったので、
 
帰ってしまうのがもったいない気がしましたが、
 
次回は、工務店様達にも見て頂けるよう、
 
企画しようと思います。
 
 
とっても良い商品でした!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

鎌倉市・湘南エリアでリフォームするなら!

昨日は、(株)ツボイのリフォーム事業部・アイホームへ行ってまいりました。
Dsc_0896  
 
机の上には、賞状が、また沢山追加になっており、
 
素晴らしい!!と絶賛(#^.^#)
 
 
LIXIL秋のリフォームコンテスト2017で、
 
総合ポイント賞・湘南支店 第1位!
 
リフォームネット部門:鎌倉市・逗子市エリア 第1位! Dsc_0894
 
と、輝かしい実績が飾ってありました。
 
 
これも、ひとえに、リフォームをさせて頂きました、
 
お客様のおかげです(#^.^#)
 
 
感謝感謝!!
 
 
 
また、営業マンと現場を同行させて頂き、
 
お施主様とお話をする事ができましたが、
 
 
どこのお客様も、本当に、アイホームの皆を可愛がってくださって、
 
もう何年も前からのお付き合いの方、
 
最近でも、昔からの知り合いのように接してくださる方など、
 
素晴らしいお付き合いをしてくださる
 
お客様ばかりでした。
 
 
このように、お施主様のお顔が見れると、
 
材料屋でもある、福島・宮城でも、
 
お施主様のお顔を念頭に置きながら仕事しなきゃ!!
 
 
と更に思います。
 
 
これからも、会社全体で、精進して参ります。Dsc_0942
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

HEAT20とは

先日、ある勉強会で、「HEAT20の家」について勉強して参りました。
 
 
「HEAT20とは???」
 
 
そこから、分からない私にとっては、
 
大変分かりやすい勉強会でした!Dsc_0941
 
 
欧米では、民間の関係団体が中心となり、
 
「望ましい姿」を民間主導で提案する取り組みが盛んにおこなわれているそうです。
 
 
そこで、日本でも同じように活動しよう!
 
と立ち上がったのが、
 
「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)」だったそうです。
 
 
HEAT20が目指す、家の外皮性能グレードをG1、G2と示すことにより、
 
何となく寒い家、何となく暑い家・・・
 
 
と言う曖昧ではなく、
 
 
住まい手にも、数値化して提示することができます。
 
 
今現在のH28省エネ基準より、
 
省エネルギー性能で、30%削減できる家、
 
更に、冬期間の室内温度環境が10℃を下回らない家、
 
それをG1。
 
今現在のH28省エネ基準より、
 
省エネルギー性能で、50%削減できる家、
 
更に、冬期間の室内温度環境が13℃を下回らない家、
 
それをG2。
 
 
と表現しています。
 
 
日本の住宅の性能が、急速に高まっているような気がします!
 
 
素晴らしい事ですね(#^.^#)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

30年度グリーン化事業

昨日、福島県の建設センターにて行われた、
 
 
平成30年度のグリーン化事業の概要の説明会に参加してまりました。
 
 
まだ、国交省から、募集の通達は出ておりませんが、
 
 
恐らく?このような内容であろう・・・
 
と言う説明でしたが、
 
 
基本的には、今までとそれほど、変わらないようです。Photo_3
 
 
ただ、ここ最近の動きで、
 
 
国交省、経済産業省、環境省の3省連携が見受けられ、
 
 
今回のグリーン化事業の優先配分要件で、
 
 
BELSの認定を取ったことのある工務店さんが
 
多く所属しているグループには、
 
ゼロエネ住宅補助金に関して、
 
優先して配分するような話が出ているそうです。
 
 
また、グリーン化とは別になりますが、
 
今年からは、ゼロエネ住宅より、
 
 
更に上を目指した住宅、
 
 
LCCM住宅やZEH+
 
 
と言った名前?の住宅に対しても補助金が出るので、
 
 
とにかく、世界的な動きである、
 
CO2削減に更に、日本も力を入れているんだな~
 
 
と重ねて思いました。
 
 
日本の住宅の性能向上!素晴らしい事です(#^.^#)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

福島営業所移転のお知らせ

(株)ツボイ・(株)スミ建 福島営業所が、
 
4月9日より、
 
 
福島市渡利字絵馬平80-6
 
 
へお引越しを致しました。
 
 
最初、鉄骨造の倉庫で考えていたのですが、
 
 
予算がなかなか合わず悩んでいたところ、
 
 
神奈川県の同業者さんより、
 
 
木造トラスで安くできる!との情報を得まして、
 
木造倉庫にしました(#^.^#)Photo_2
 
 
23m×30mの倉庫です!Photo
 
 
環境にもやさしく、日本の風土に合った倉庫。
 
 
おススメです(#^.^#)
 
 
ご覧になりたい方は、是非ともお問い合わせください。
 
 
新事務所住所:福島市渡利字絵馬平80-6
 
新事務所TEL:024-563-1333(ツボイ)024-563-1334(スミ建)
 
新事務所FAX:024-563-1348(ツボイ・スミ建共通)
 
 
見学のお問い合わせ先:michiko@kabu-tsuboi.com
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

きつつき会勉強会開催!

先日、(株)ツボイ2F会議室で、
 
勉強熱心な工務店様の集まりである、
「きつつき会」の勉強会が開催されました!!Photo
 
 
今回のテーマは・・・
 

省エネ最新情報と高断熱住宅対応、30年度補助金関連」 

講師:旭ファイバーグラス()営業本部住宅営業支援グループ 主席 中野光三 氏

「コンパクト蓄電池セットのご案内」

講師:長瀬産業() エネルギー事業室開発・営業部システム2課 課長 上村 義綱氏

 

という事で、Photo_2

 

 

先日、全国的に行われた、国交省・経産省・環境省

 

3省合同の30年度の省エネ関連の国家予算関連のお話を

 

聞きに行けなかった方、

 

再度理解を深めたい方、

 

が一生懸命勉強されました。

 

 

きつつき会では、こういった勉強会を年に3~4回くらい開催し、

 

工務店様、お施主様にとって耳寄りな情報を発信させて頂いております(#^.^#)

 

次回は、5月頃に開催予定です。

 

 

是非ともご興味のある方は、このブログに、

 

 

ご案内を載せますので、

 

 

時々チェックしていてくださいね(#^.^#)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

パッシブデザイン<断熱編>

以前のブログで、
 
パッシブデザインについて書きましたが、
 
5つの重要項目のまず、1つめを詳しく解説(#^.^#)Photo
 
 
<断熱>についてです。
 
 
「機械設備に頼らない」が大前提のパッシブデザインなのに、
 
断熱については、暖房設備によって与えられた熱を逃がさないように・・・
 
 
と言う事で考えられているので、
少し不思議な感じがします。
 
 
しかし!!!
 
「冬に窓から入った太陽熱をいかに守るか」と言う意味で、
 
考えられていると言った方が自然かもしれませんね(^o^)/
 
パッシブ地域区分図と言うのがありました!
 
Ws000000
色の濃い「は」地域は、日射熱利用有利で、
 
一番色の薄い「い」地域は、日射熱利用不利 。
 
同じ日本でも、太陽高度が違ってきます。
しかし、いくら不利だとしても、
 
日射南面の窓を大きくとり、
 
太陽熱を取り入れる事がパッシブデザインには欠かせません。
 
 
真夏の日差し?これは、
 
南面に於いては、太陽高度が高くなるため、
 
それほど苦にならないと思います。
 
 
 
そして、本題の断熱。
 
 
この入ってきた熱を外に逃がさないのが断熱効果です。
 
 
一番、熱が逃げやすいのが「窓」なので、
 
 
窓の断熱性能が高いものを選ぶのが最善です。
 
 
次に、壁などに入る断熱材。
 
 
これも、性能、厚みに留意して選ぶのが良いと言えます。
 
 
 
冬の暖かい日差しを取り入れ、しっかり断熱して逃がさない!!
 
 
重要ですね~(#^.^#)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

これぞ!日本家屋!!

先週の土日に、
 
(株)クリエートハウス福島様の完成内覧会が開催され、
 
現場を見せて頂きました!!
 
 
Photo_4
 
中に入ってい見ると・・・
 
立派な和室に、すごい梁\(◎o◎)/! Photo_5
 
そして、押し入れの中まで、ヒノキ貼り!! Photo_6
 
 
そして、ケヤキの階段・・・Photo_7
 
いくらかかっているんだろ!!!???
 
 
と思ってしまいます(^-^;
 
 
ところが!!
 
 
(株)クリエートハウス福島さんは、
 
自社で製材をされ、
 
無駄なく、材料を使用されるため、
 
え!?こんなにすごいのにこの値段!?
 
 
と皆さんがビックリされるのです(#^.^#)
 
 
ちなみに、こちらのお宅は、トリプルガラスや二重断熱になっているので、
 
暖かい!!!!
 
 
是非ともご興味のある方は、
 
ホームページをご覧ください(^o^)/http://www.createhouse.com/
 
 
そして!そして!何と!
 
明日、明後日、ビックパレットふくしまで行われる、
 
「省エネde住まいるフェア」にも出店されています!
 
 
是非ともブースも見て行ってください(#^.^#)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

なるほど・・・

先日、スーパーウォール工法の導入研修
 
を受講される工務店様に同行させて頂き、
 
 
勉強させて頂いてまいりました。Photo_3
 
 
工法自体の技術的な事
 
と言うよりは、
 
 
「販売していくためのノウハウ」
 
 
の研修と言う感じでした。
 
 
その中の講師の先生のお言葉で、
 
「できるかできないかではなく、やるかやらないか」
 
と言われ、ドキッとしました。
 
 
確かに、やらない理由として、
 
できるかできないか・・・をブツブツ言ってしまうときがあります。
 
 
これは、念頭に置いておかなきゃ!!!と思いました。
 
 
他にも、
 
「20%の優先項目を見極め、実行することで、
 
80%の成果が得られる」
 
と言うデータがあるそうで、
 
これまた、なるほど・・・
 
 
物事、確かにデータを分析していくと、
 
 
実は、優先上位2つで、その物事の80%を占めている
 
 
という事は、多いです。
 
 
おお!これも使える!!と思いました(#^.^#)
 
 
そしてそして!!
 
一番の感動は、
 
 
全国を代表して、福島県郡山市にある(有)折笠工務店様の折笠社長様
 
がご講演をされたことです。Dsc_0728_2
 
しっかりと信念をもって、しっかりとお客様のご希望に寄り添いながら、
 
しっかりとした施工をされているお陰で、
 
受注が増え、今では、計画的に受注されている。
 
そのノウハウまでも、
 
お教えくださいました!!!
 
 
とても優位意義な時間を過ごせたことに感謝です(#^.^#)
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«省エネde住まいるフェア