2022年11月28日 (月)

どうして日本の国力は30年も低下し続けているのか?

先日、ジャパン建材さんのふたわフォーラム

と言う勉強会に参加させていただきました。

 

今回の講師は、

(株)第一生命経済研究所の永濱利廣氏でした。Photo_20221118202001

 

日本のデフレが続いていた時代が悪かったのではないか、

日本の節約精神も問題じゃないか?とか、

色々な要因をおっしゃっていらっしゃいました。

 

どれを聞いても、

当てはまるな~と思ったり。

 

意外だったのが、

「格差社会、格差をなくそう」とこれだけ言われているので、

どれだけの格差があるのか?と思っていたものの、

欧米に比べれば、日本の格差なんてのは可愛い物のようです。

 

これは、私の見解ではありますが、

平等に、平等に、と言って、高所得者より高額な税金を取り、低所得者へ支給。

これこそ、不平等だなと思います。

一生懸命働こう、これから、新しい開発をしよう!と思っている人にお金が配られず、

一生懸命働かないのに、お金が支給される。

 

これって、不平等じゃないですか?

 

日本の国勢が弱くなってしまった原因として、

開発能力の低下があげられているそうです。

 

これも、開発研究してもっと新しい発想をやってみよう!

と言う人にお金を配るべきだったのでは?と思いました。

実際、他国はそうしているみたいだし。。。Photo_20221118202002

 

ブツブツと日本の文句を言っていないで、

私自身、もっと果敢にチャレンジして、

お金が良く回るようにしなくては!と思いました。

 

| | コメント (0)

2022年11月25日 (金)

ツボイプレカットすごい!第三弾!

前回から続きで、第三弾!

 

こちらは、保育園です。Photo_20221118200101

 

こちらも、240坪くらいあり、

なおかつ、遊戯場とか広くとらなくてはならないので、

柱や梁が非常に立派なものになっていました!Photo_20221118200103

 

また、柱が丸くなっており、梁との接合部はどうやって加工したんだろう???と思ったり。Photo_20221118200102

 

木造は、子供たちの健康にも良さそうですよね(#^.^#)

 

3弾シリーズとしてご紹介してまいりましたが、

ツボイプレカットの目指すところは、

難しい加工に果敢に取り組んでいき、

プレカット工場としての技術の向上をし続けていく!という目標です。

 

何か、お困りの物件がございましたら、

是非ともご相談くださいね(#^.^#)

 

 

| | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

ツボイプレカットすごい!第二弾

前回に引き続き、

ツボイプレカットで次は、「お寺」をプレカットしました!Photo_20221118195301

 

延床は100坪弱なのですが、

なんせ、基礎高(私の伸長くらいある基礎だった!)、天井高(3階建てぶんくらい)があり、

見ごたえが凄いです。Photo_20221118195304Photo_20221118195303

 

また、足場を使って、1Fの屋根を見に行きましたら。。。Photo_20221118195302

もこしがあり(さすがに、こちらの加工は棟梁様)、

そことのつなぎ部分は難しかっただろうな~と思いました。

 

 

また、天井はトラスの原理を使って崩れないようにできており、

建築って凄いな~と感激しました!

 

こういった物件を一緒にやらせてもらえることに、

感謝感謝です(#^.^#)

 

| | コメント (0)

2022年11月21日 (月)

ツボイプレカットすごい!第一弾

本日から3日間にわたり、

ツボイプレカット事業部の最近の加工をご紹介(#^.^#)

 

今回は、

300坪越えの老人ホームです。

 

凄い!

Photo_20221118194301 Photo_20221118194302 Photo_20221118194303

 

大きすぎて、画像に入り切れていませんし、

こちら、まだ建て方途中の写真となっております。

 

公共建築物の木造化が進んでいる一つの背景に、

SDGSの観点から、

木材は、二酸化炭素を吸収してくれると言うメリットがあります。

これから、こういった木造物件が増えていくことでしょうね(#^.^#)

 

| | コメント (0)

2022年11月18日 (金)

きつつき会勉強会 開催!

昨日、勉強熱心な工務店様の集まりである

「きつつき会」の勉強会が開催されました!Photo_20221118193901

 

今回は、いつもに増しての参加人数で、

コロナ渦の中でも、皆さま来てくださったことに、

さすが勉強熱心な工務店様たちだな~と感心させられました。

 

勉強会の内容は、

「省エネ基準適合義務化と4号特例縮小の今後の動向について」

でした。

住宅あんしん保証さんに講師していただき、

とても分かりやすい説明でした。

省エネ適合義務化は、

もう本格的に始まっていて、

準備・・・なんて、のん気なことを言っていられない時期になったな~と実感。

 

そして!

構造のプレカットを行っているツボイにとっては、

次の議題、

「4号建築物の廃止」についてが気になるところでした。

 

実際、4号建築物に値していた、200㎡以下及び2階建て以下の物件に

構造の審査の免除だったものが、

今度は、工務店様が一番建てていらっしゃる可能性の高い、

2F建て一般住宅い構造の審査が必要となる、

という事です。

構造の審査=構造計算が必須

となると、またまた費用がかさむな~と思ったり。。。

 

まだ詳細は決まっていないそうなのですが、

構造計算ではなくとも、仕様規定や他の簡易的な計算でも大丈夫になるだろう、

という事です。

ただ、壁量計算で代用した物件を構造計算かけると、やはり、壁量が足りないと出るそうです。

という事で、壁量計算で耐震等級3でも構造計算の耐震等級2相当とみなされるとか・・・。

 

これも、まだまだ検討段階なので、

今後の行方をしっかりみていかなくては・・・と思いました。

 

勉強熱心な工務店様たち。

建築の腕も安心なうえに、建築基準法の勉強や補助金の活用をされたり、

そして!何と言っても、

お施主様のご希望を聞いて、叶えることが出来る!

凄いな~と本当に思います!!

 

| | コメント (0)

2022年9月20日 (火)

日本経済の振り返り

先日、仕入れ先さんのジャパン建材さんの会合に参加しました。Photo_20220917181001

 

ジャパン建材さんの小川社長さんが講師の先生で、

ご講演があり、

日本の経済の振り返りをご講演されました。

 

その中でも、

共感できたのが、

日本人気質にあっているのは「ものづくりニッポン」なのに、

それを忘れてしまっているのでは?と言うところです。Photo_20220917181002

 

コロナ前からありましたが、

最近特に顕著で、日本のメディアが多く取り上げているのは、

「観光地、インバウンド、外国人観光客・・・etc」

いつから日本は観光に力を入れる国になったのか?

と疑問がありました。

 

もっと、日本人のコツコツと真面目な気質を生かした、

「ものづくり」に対しての研究費などを増やし、

また、世界をけん引するような国になりたいと私も思います。

 

私は、建築に携わる仕事なので、

建築に対する研究心、探求心を常に持って仕事をしなくてはいけないな、

と改めて誓いましたし、自分の考えもそんなに間違えていなかったのかな?

と思えた時間になったので、取っても良かったです。

 

ものづくりニッポン!

精進してまいります。

 

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

社内研修 地盤について

先日、地盤保証会社の一般社団法人ハウスワランティさんの社内研修がありました。

 

東日本大震災を経て分かったことは、

建物の強度と同じように、

地盤の強度と言うのは、非常に重要だという事です。Photo_20220917175601

 

福島県は、日本で一番、地震の回数が多いそうです。

 

建築に携わる仕事という事で、

地震に強い家づくりを目指しているので、

使命感を持って、ご提案をしていきたいと思います。

 

今回のハウスワランティさんと他社さんの違いは、

ハウスワランティさん自体は、地盤改良工事を請け負っていないところです。

 

??請け負っていないのを逆に強みに言える??

 

実は、地盤改良まで必要がないような土地までも、

地盤改良工事を請け負いたいがために、

地盤を正確に判断しない業者さんが増えているそうです。

 

そういった意味で、ハウスワランティさんは、

正確な地盤調査結果を出すと言うところが強みと言えるという事でした。

 

(株)ツボイとしても、

これからは、地盤調査に悩んでいる方がいらっしゃったら、

相談に乗れるようになりましたので、

是非とも、地盤調査に悩んだ方はご相談ください。

 

大変勉強になりました!

| | コメント (0)

2022年9月 2日 (金)

サンドイッチパネル屋外実大火災実験について

先日、建築士会郡山支部の研修で、

「サンドイッチパネルの屋外実大火災実験について」

日本大学 工学部のSANJAY PAREEK氏のご講演がありました。Photo_20220902104001

 

パリーク教授は、建築資材などの部材研究を行っているそうで、

先日、その研究の一環で、

建築の内装材で使われている「断熱材を金属製板で両面接着した積層複合材料」

を燃やした場合の実験が行ったそうです。

 

日本国内の不燃材料などの性能評価は、

一部を抜き取った試験であったりと、

目地処理や工法を含めた評価が困難と言う事があり、

今回の実験に至ったそうです。

 

①芯材:ポリイソシアヌレートフォーム、表面素材:カラー鋼板

②芯材:フェノールフォーム、表面素材:亜鉛メッキ鋼シート(ガルバニウム鋼板)

③芯材:ポリイソシアヌレートフォーム、表面素材:溶融亜鉛メッキコーティング鋼シート

 

と3タイプのサンドイッチパネルを比較してみました。

 

結果的に、②のタイプがフラッシュオーバーまでの時間が短かったようです。

 

その他にも、温度の上がり方、燃焼の収束時間なども、

それぞれ違く、

色々な検証がされていました。

 

こういった研究の積み重ねで、

より良い家づくり、建物建設が進むんだなぁ、と実感した次第です。

 

大変勉強になりました!

| | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

省エネルギー商材

先日、福島スーパーウォールスター会の定例会がありました。

 

スーパーウォールは、耐震性、断熱性、気密性に優れているパネルで、

もう、30年くらい?は販売しており、

 

省エネルギー商材として、とっても適している商品です。Photo_20220830111301

 

その定例会の中で、

(株)LIXIL郡山営業所の所長さんが、

少し研修を行ってくれた話の中で、

今、そして、これからは、脱炭素社会が相当進む!という事でした。

 

住宅着工数の減少や材料の高騰による買い控えなどによる売り上げの落ち込みの代替えとして、

省エネルギー商材の販売を増やすべき、

とおっしゃっていました。

 

(株)ツボイとしても、材木屋と言うレッテルをなくし、

省エネルギー商材を販売していかねば生き残れないなぁ~と実感した次第です。

 

その為にも、日々勉強・・・。

商材の勉強から始めていきたいと思います!

 

 

| | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

3年ぶりのビックサイト展示会

先日、3年ぶりに開催された、

東京ビックサイトで行われた、

ジャパン建材フェアーを見学に行ってまいりました。Photo_20220830110303

 

工務店様たちも、久々という事で、大盛況でした。

当社のお客様も、

今度建てるお宅に使えるものないか、見に行く!という事で、

ご参加いただき、

色々とみてくださったようです(#^.^#)Photo_20220830110302

 

私は、銘木などを専門に扱っている「銘林」さんのブースで、

幅のとっても広いフロアを見つけて、

おお!素敵だぁ~と思いました。Photo_20220830110301

 

ギリシャ神話には、多くの木と女神との絡みのある絵が多いという事で、

ブースの装飾も、そういった絵を飾っているそうです。

 

その他にも、沢山勉強になり、充実した1日でした!!

 

 

| | コメント (0)

«ドローン研修